女子校育ちで一度も交際経験のない36歳の葛藤

自分からLINEや電話が恥ずかしくてできない

しかし、「これまで一度も男性とお付き合いしたことがない」という友美は、どのように交際をしたらいいのかわからず戸惑っていたので、私は、こうアドバイスをした。

「まず連絡は、小まめに取り合うことですよ。 LINEはもう交換したの? 婚活にとってのLINEは、連絡ツールではなく、コミュニケーションツールなんですね。ファーストコールでデートの日を決めて、そこからぱったりと連絡が途絶えて、会う直前に前日確認するような業務連絡LINEを入れ合うカップルは、交際も短命なの。お付き合いをするようになって、テンションが上がっていたのに、連絡を取らない期間に下がってしまうから。1回下がったテンションは、なかなか上がらないんですね。

最低でも1日1回は、 LINEで連絡を送り合って、何でもいいから日常のたわいもない出来事を話したほうがよい。あと、女性は待っているだけではダメですよ。自分からも積極的に連絡を入れる。LINEだけでなく、電話で生の声を聞いて話すのも大切ですね」

根がまじめなのだろう。友美はメモを取りながら話を聞いていた。私はさらに、結婚相談所で婚活をするというのは、どういうことなのかを話した。

「婚活をするというのは、婚活市場に自分を棚卸しすることなんです。つまりね、商品はたくさん並んでいるの。お相手から“いいな”と手に取ってもらえたら、こちらも選んでもらえるようにアピールしないといけない。そうじゃないと、自らをアピールして選んでもらう努力をしている人たちに負けてしまうの。ただボーッとしていたら、棚に戻されてしまうんです」

メモをしていた友美がペンを止めて、困惑したように言った。

「でも、男性と付き合うのは初めての経験なので、自分から積極的にLINEや電話をするのは、ハードルが高いです」

「だったら、LINEがきたらすぐに返事を返しましょうね。電話に出られず着信歴が残っていたときには、気づいた時点で折り返す。電話をかけるハードルが高いのなら、『お電話に出られなくてごめんなさい。今なら大丈夫ですよ』とショートメールを入れましょうね」

なぜこれまで恋愛してこなかったのか

入会面談のとき、「男性とまったくお付き合いをしたことがない」という友美に、「『好きです』と告白されたり、『付き合ってください』と言われたりしたことはなかったの?」と聞くと、『一度もありません』という答えが返ってきた。

さらに、こう続けた。

「中学、高校は私立の女子校でしたし、大学も女子大でしたから」

周りに女性しかいない環境だったからだと言いたいのだろうが、女子高、女子大育ちでも、男性とお付き合いしている女性たちは、大勢いる。部活で男子校と交流会をしたり、インカレでほかの大学の男子と仲良くなったり、バイト先で出会ったり、男性と触れ合うチャンスはいくらでもあったはずだ。

これは単に恋愛への興味が薄かったからではないか。学生時代に何に1番興味があったのかを聞いてみた。

次ページ学生時代に夢中になっていたことは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。