「PMS・PMDD」に苦しむ彼女を支える男性の献身

白米を玄米に変え、野菜中心の料理を作った

彼女との激しいけんかに悩まされていた男性が取った対策とは?(筆者撮影)

5年ほど前、東京都在住の30代、佐々木剛さん(仮名)は、保育士をしている彼女とのけんかに悩まされていた。

付き合い始めて2カ月経つ頃「生理周期と関係しているのではないか?」と思うようになる。半年を超える頃、それは確信に変わった。

普段は大丈夫なのに、彼女は生理前になると些細なことでイライラし、口調が刺々しくなり、それを指摘するとけんかになることが多く、ひどいときは包丁を持ち出し、大声を出して暴れる。

佐々木さんはインターネットで調べ、PMS・PMDDという生理前にだけ現れる疾患があることを知る。

バイエル薬品が制作し、婦人科などで配布している冊子『生理前カラダの調子やココロの状態が揺らぐ方へ PMS 月経前症候群』によると、約74%の女性が、月経前や月経中に身体や心の不調(月経随伴症状)を抱えているという。

月経随伴症状とは、月経前はPMS(生理前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)、月経中は月経困難症と呼ばれる症状だが、日本ではまだあまり知られていない印象だ。

しかし、ホルモンバランスの変化により、精神状態や体調が変化することに気づき、悩んでいる女性は少なくない。

そこで、実際にPMSやPMDDに苦しむ女性の事例を紹介することで、PMSやPMDDについての理解を社会に広められたらと思う。

ハーブティーを作ろう!

PMS・PMDDという疾患を知った佐々木さんは、本や論文を読み漁り、知識を蓄えていった。

「PMSとPMDDの境界線は、自分で自分がコントロールできるかどうか、周りに危害を加えるかどうかのようなので、おそらく彼女はPMDDだったのではないかと思います。でも、いきなり彼氏にPMSだPMDDだと指摘されても受け入れ難いと思ったので、ハーブティーを作ることにしました」

もともと佐々木さんは、中国からプーアル茶を輸入・販売する仕事をしていたため、中国のお茶事情には明るい。

最初はプーアル茶ベースだったが、はやり始めたルイボスティーに変更。チェストツリーやセントジョーンズワートなど、PMS・PMDDに効果があるとされているハーブのブレンドの割合は、海外でPMS・PMDD向けに販売されている商品や、本や論文を参考にした。

次ページハーブティーの効果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT