少年野球を救う新潟県の「野球手帳」の存在感

県内の野球界を一つにした取り組みとは何か

「野球手帳」はNYBOCの事業として制作することが決まった。編集は山本智章が担当した。

山本智章医師(筆者撮影)

「NYBOC副理事長になった石川先生や新潟県高野連の富樫会長からは“野球少年は高校野球に進む前に、いろんな障害を抱えてしまう、これを何とか回避したい”と言われました。

手帳の内容については“全部お任せします”ということでしたので、私が理学療法士とともに企画、作成しました。子どもたちがすべての場面で使えるように、検診はもちろん、練習やケアの方法、セルフチェックの方法も紹介しました。

指導者だけでなく、保護者が子どもたちと一緒に読んでもらえるようできるだけ実践的に役立つ内容にしました。私たち医療の視点からの問題意識をすべて織り込み、障害予防と選手の育成を両立させるための手帳になりました」

筆者が感心するのは、新潟県の「野球手帳」が極めて機能的で、実用的なことだ。

高校野球関連の印刷物と言えば「青少年の心身の健全な育成に寄与し」など大層な精神論から始まることが多いのだが、「野球手帳」は「手帳の目的と使い方」から始まっている。

冒頭には「この手帳は野球を始めた皆さんが、野球を楽しみながら故障しない強い選手になるための手帳です。小学生は、お父さん、お母さんと一度読んでください」と書かれている。

「身体を守る知識」がわかりやすく説明

コンテンツは9章からなっている。

1. 少年期の骨や関節の特徴と身体の成長
2. 少年野球で多い故障について
3. 障害予防セルフチェック
4. ストレッチング
5. 投球動作の基本
6. 投球数のガイドライン
7. クールダウン、アイシング
8. 怪我をしたときの応急処置
9. 野球肘検診について

野球をするうえで知っておくべき「身体を守る知識」がわかりやすく説明されている。

球数制限は、この時点ですでにガイドラインが示されているのだ。さらに野球障害の既往歴も記入できるようになっている。

この小冊子は、初版2万部が印刷され、新潟県内の小学5年生から中学3年生までに配布された。

制作、印刷費用は、新潟県高野連が出した。これも他県では考えられない。ほかの地方では、高校野球部がほかの少年野球と無断で交流すれば、お目玉を食らう。ましてや高野連の予算で、他団体が使う印刷物を作ることなどありえない。

「読売新聞の夕刊に野球手帳の記事が出たら、翌日、全国から私の勤務する病院に300件くらい電話がかかってきました。このような情報を必要とする人がいるんだな、と実感しました。指導者のほか、保護者からもたくさん連絡をいただきました」

次ページ実際に使われている「野球手帳」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT