子供の捲土重来も、母親の執念がカギ

受験の失敗にも、母親が寄り添うべし

成功体験や達成感に勝る教育はない

守山様のお子様は成績も良かったようですし、もし私なら前出の木村さんのように母親の強い執念で、子供に受験勉強を継続させます。アルプスの少女ハイジのように伸び伸びと育てることは、この時代ではほとんど望めませんし、またトットちゃん(窓際のトットちゃん参照)のような天性のものを持っていない限り多くの子供さんたちは、これからもずっと大なり小なりいつも競争にさらされて生きていくことになります。そしてその競争のレベルもいろいろです。

困難なことに挑戦し、努力して報われた時の達成感や成功体験を持つことは何にも勝る教育ですし、努力したが報われなかった人も、そこから何かを学びとって次に生かすことを知る人も、努力を無駄にしなかった意味で強く、敗者ではありません。

勝者・敗者と分けて考えるのは好みではなく正しいことでもありませんが、一度や二度の失敗で親も子も簡単に方向転換したり、これまでの努力を生かそうとしないのは一事が万事で、悪循環に陥る罠にはまるケースが散見されます。

努力が報われた時の喜びを得たり、報われなかったときの受け止め方や立ち直り方を学べたりするのは、努力した人のみの特権です。一流大学を出ても社会で力が発揮できていない人、そうでない大学出身者なのに、卒業した時にはすごい資格の保持者だったりするのは、やはり、いつどこで何に挑戦し、どのように努力したかで決まるのではないでしょうか。そして12歳のお子さんのこの時期の母親のリードはとても大切です(自由放任教育で優秀なお子さんを育てられた親御さんからは、また失笑を買いそうですが)。

大学まで保証されているからと進路を学校任せにせず、子供さんの特性を見出して、高い目標に向かって努力する学生生活になりますよう、親子でもう一度話し合われることをお勧めします。子供さんの人生は、まだ始まったばかりですから。

※ ミセス・パンプキンへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT