近所の「赤の他人」に育てられた娘が抱えた苦悩

実の親"不在"の日々が人生に与えた影響

「晩ごはんも朝ごはんも、その家で食べさせてもらって。一緒に風呂に入って、一緒に寝て。小さいときからそうやって生活していたから、何の違和感もなかった」と、すみれさんはいいます。

「かあちゃん」の夫も、たまに漁から上がって家にいたときは、すみれさんとよく遊んでくれました。すみれさんの母親は「かあちゃん」たちのことを、「天使みたいな夫婦」「非の打ちどころがない人たち」と言っていたそう。

ところが、すみれさんが小4のとき「かあちゃん」一家は市内で引っ越すことになり、すみれさんを預かれなくなってしまいます。そう遠い場所ではなかったものの、すみれさんにとっては辛いことでした。「二重に親に捨てられた気分だった」といいます。

この頃すみれさんは、「かあちゃん」の財布からお金を抜いてしまったことがありますが、「かあちゃん」はお見通しでした。謝りにいったすみれさんと母親に、「私たちが引っ越してしまう寂しさから、やってしまったんだろう」と話したということです。

家のなかに両親がいると、余計に“独り”を感じた

「かあちゃん」が引っ越してからもしばらくは、よく新居に遊びに行っていたものの、普段のすみれさんは「1人暮らし」の心境でした。最初のうちは、近くの短大生が家庭教師&シッターとして来てくれていましたが、その女性が短大を卒業してからは、「もう本当に1人やった」といいます。

中学や高校の頃、朝ごはんや弁当をどうしていたのかは、記憶にありません。朝起きると両親はいつも寝ていました。「ひょっとしたら外で買ってきたものを持っていっていたのかも」しれないし、「食べていない可能性もある」と、すみれさんは話します。

日曜や祝日は、両親も休みで家にいたのですが、でもそれはすみれさんにとって、むしろ辛い時間だったといいます。

「家に誰もいないのが“ふつう”になってしまっていて、誰かいるということがすごくストレスでした。なんででしょうね。ずっと1人でいたから『1人はもう、絶対嫌や』と思っている。なのに、家族でいると、余計に“独り”を感じるんです」

両親ともに外に恋人がいることも、すみれさんは知っていました。中学のとき、母親は恋人との旅行に、すみれさんと店のアルバイトを連れていったことがあります。朝方、母親と恋人が隣の部屋で「もそもそしている」のに気づいてしまってからは、母親との間にますます距離が生まれました。

時は1980年代、「ツッパリ文化」の最盛期です。同級生にもいわゆる“不良”はたくさんいました。なぜ、そちらの方向にいかなかったのか? すみれさんは、自分がグレなかったのは「かあちゃん」の家での生活があったからかもしれないといいます。

「ひょっとしたら、育ててもらったあの親に申し訳ない、という気持ちがあったのかも。自分の(生みの)親に対しては思っていなかったけれど、こっちの(育ててくれた)親に対しては『迷惑をかけちゃいけない』みたいな思いがあったかもしれないですね」

すみれさんは「かあちゃん」のことを“赤の他人”と呼んだり“親”と呼んだりします。彼女にとって「かあちゃん」は特別な人ですが、完全には甘えられない、少し遠い人でもあったのでしょう。

次ページ部屋中にぶちまけられた卵焼き
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT