子どもについ怒って自己嫌悪に陥る人への対処

「自分を許す」子育て習慣とはいったい何か

家事、仕事、子育て……イライラや不安が募る状況を解決するためには、何が必要なのでしょうか(写真:プラナ/PIXTA)
忙しい月曜日の朝。自分の仕事支度をし、子どもたちにご飯を食べさせて、やっと保育園へ! と思って振り向くと、子どもが牛乳をこぼしている……。そんなとき、よくないとわかっていてもついイライラしてしまうもの。家事、仕事、子育てなど、やらなければならないことは山積み状態でも時間は限られていて、イライラや不安は募る一方。そうした状態を解決するために最も必要なのは何か──。『神トーーク「伝え方しだい」で人生は思い通り』などメンタルやトーク術の著書を持つ星渉氏に聞きました。

子育てで自己嫌悪にならないためには

子育ての悩みはご家庭によってさまざまですが、そのなかでも共通する悩みとして「イラっとしてつい子どもにあたってしまう」が多いのも事実。

ついつい大声で怒鳴ってしまったり、言わなくてもいい一言を口にしてしまったり。しかもその後に「あんなに怒る必要はなかったのに……」「あそこまで言わなければよかった……」と、自己嫌悪に陥ってしまう。そうして、自分が思い描いていた「理想の母親像・父親像」とは、まったく違う現状に落ち込んでしまうという人も多いでしょう。

一方で、子どもたちも理不尽に怒られてばかりでは、どんどん自信をなくして萎縮してしまう。そう、子育てにおけるイライラというのは「親子ともに自己肯定感を下げてしまう悪循環」ともいえるのです。

では、そんなイライラをなくすためには、どうすればいいのでしょうか。ここで一緒に考えていきましょう。

実はイライラのようなネガティブな感情は、人間が生存するうえで必要なものでもあるのです。なぜなら、イライラや不安は、脳の「アラーム機能」と考えられているからです。

例えば、何かトラブルが発生したときに「こんなことが起きているけど大丈夫?」「対処したほうがいいんじゃない?」と、私たちに事細かに知らせてくれているというわけです。

次ページ消そうとすることで増幅されていく
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT