お金を増やしたい人が必ず知るべき3つの法則 「資産運用業界」のカモになってはいけない

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

今年最初のG1レース(第37回フェブラリーステークス、23日)を予想する順番が回ってきた。東京競馬場のダート1600メートル(メインレースの11R)で行われる、年前半のダート王決定戦だ。

だが、クリソベリル(2019年度のJRA最優秀ダートホース)などのダートの強豪が海外のレースに回って回避することもあり、メンバーが低調で「どんぐりの背比べ」的な難しさがある。

フェブラリーSの本命はワイドファラオ

ポイントになるのは、前走の根岸ステークス(G3)を勝ったモズアスコット(6枠12番)の取捨だろう。かつて芝からダートに転向していきなり重賞を勝った馬としては、クロフネやメイショウボーラーがダートのG1を勝っているが、この馬は果たしてそのレベルなのか。今回、馬券的に無視はできないが、本命には買いにくい。

本命には4歳馬ワイドファラオ(2枠3番)を抜擢する。前走は5着だがレース振りは悪くない。3歳時のユニコーンステークス(G3)を勝った時と同コース同距離で、このメンバーなら成長力込みで期待していいのではないか。

対抗には力のあるサンライズノヴァ(5枠9番)を、単穴には前述のモズアスコットを採り、以下、インティ(3枠5番)、アルクトス(1枠2番)、ワンダーリーデル(8枠16番)を押さえる。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT