「トランプVSバーニー」ならトランプ圧勝なのか

アメリカの「社会主義ブーム」は結構ヤバイぞ

米民主党バーニー・サンダース候補は「左のポピュリスト」。支持者も「超熱」。皆は「もしバーニーがトランプ大統領と対決すれば、ボロ負けする」と言うが、本当だろうか(写真:ロイター/アフロ)

その政治家は、70代の白人男性である。ポピュリストで、しょっちゅう怒っている。集会に行けば大入り満員で、ほかの候補者とは聴衆の熱気がまるで違う。だが党の本流からは程遠いし、過激な公約を唱えているし、チームプレイヤーでもない。正直なところ、党の主流派は彼のことを嫌っている。その草の根人気には敬服するが、こんな大統領候補を担いだら最後、本選挙でボロ負けしてしまうのではないか……。

上記は、2016年大統領選挙におけるドナルド・トランプ候補のことを言っているのではない。2020年大統領選挙におけるバーニー・サンダース候補のことである。御年78歳。誕生日が9月8日なので、大統領選挙の投票日(11月3日)には79歳となっている。日本だったら免許証を取り上げられ、株取引だって制限を受けそうな後期高齢者。しかもこの人、昨年末に心臓発作で入院したこともある。

「ウォール街」はサンダース候補の快進撃に戦々恐々

この連載は競馬をこよなく愛するエコノミスト3人による持ち回り連載です(最終ページには競馬の予想が載っています)。記事の一覧はこちら

それでもサンダース上院議員は人気者である。民主党の大統領候補予備選挙では先頭集団に立ち、2月22日土曜日に行われたネバダ州党員集会では全体の4割以上の代議員を獲得した。もはや押しも押されもせぬ民主党のフロントランナーである。

いや、真面目な話、翌営業日の24日月曜日にはNYダウ平均がいきなり約1000ドルも下げて、それは新型コロナウイルスのせいということになっている。しかし何分の1かは、「バーニー・ショック」も含まれていたのではないかと思う。いやしくも自らを「民主社会主義者」と呼ぶ人物が、米国大統領の正式な候補者になろうとしているのだ。

 サンダース氏は、公約の目玉として「国民皆保険制」や「学生ローンの免除」、「気候変動対策」などを掲げている。「社会主義者」だからと言って、いきなり生産手段の国営化を目指しているわけではないのである。ただし公約をすべて実現すれば、連邦政府予算はいきなり倍くらいの規模に膨れ上がるだろう。その財源は、富裕層を中心とする大増税ということになっている。このサンダース氏、アンチ・ビジネスの姿勢を全く隠そうとしない。ウォール街が、「サンダース大統領」の可能性に恐れをなすのもわからぬではない。

次ページサンダース氏のユーチューブは必見
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT