「トランプVSバーニー」ならトランプ圧勝なのか

アメリカの「社会主義ブーム」は結構ヤバイぞ

サンダース氏は2016年の大統領予備選挙で、党の大本命、ヒラリー・クリントン候補を相手に最後まで五分の戦いを演じて名を馳せた。しかるに単なる「善戦マン」ではなく、本気で大統領を目指していた。今回の選挙では、すでに昨年2月19日に出馬宣言を行っている。その真剣さは、ユーチューブ上の出馬宣言 を見ればよく分かる。候補者がただ一方的に語るだけ。地味で不器用だけど、とにかく迫力満点のビデオクリップなのである。

バーニー本人は「誠実」でも「親衛隊」は・・・

いわく、トランプ大統領を打倒するためには「前例のない歴史的な草の根選挙」が必要で、全国で活動する100万人規模のボランティア参加を求めると。これはもう「選挙戦」(キャンペーン)ではなく、「運動」(ムーブメント)であろう。そして出馬宣言から24時間以内に、サンダース陣営には22万人の支持者から600万ドルの献金が寄せられたという。割り算すれば、1人平均約27ドル(約3000円)という少額資金だ。支持者の「熱さ」と「厚さ」が思い知らされよう。以来、民主党では一貫して献金額トップをひた走る。

サンダース候補の行くところ、いつも熱狂的なファンがついてくる。演説内容は判で押したように、「格差を是正しなければならない」という30年来の主張。人気の秘訣は「ブレないこと」なので、熱烈な支持者は「いつも同じ話」を聞いて、バーニーの誠実さを確認して満足するのである。

こうした親衛隊は、「バーニー・ブラザーズ」(Bernie Bros.)と呼ばれている。その熱狂ぶりは「トランプ支持者」の左バージョン、いわば鏡に映した姿のようにも見える。何しろ彼らがもっとも嫌っているのは、民主党のエスタブリッシュメント、特にヒラリー・クリントンである。4年前の本選挙ではかなりの部分が棄権に回り、一部はトランプに投票したとさえ言われている。

バーニー親衛隊は、贔屓の引き倒しで他の民主党候補者を攻撃することも辞さない。バーニー本人は、トランプ批判はするけれども、身内を中傷したりはしない。そういう正直さは、政敵も等しく認めるところである。しかしここまで来てしまうと、バーニー以外の候補者が勝つときには、よほどの大差をつけないと党内がまとまらないかもしれない。

かくして民主党内は深刻である。左派のサンダース支持が大きく伸びる一方で、中道派はジョー・バイデン元副大統領(77)、ピート・ブティジェッジ元サウスベンド市長(38)、エイミー・クロブシャー上院議員(59)、さらにマイク・ブルームバーグ元NY市長(78)と票が割れている。敢えて1人に絞るとしたら、無尽蔵の資金力を有するブルームバーグ候補だろうが、その場合は「社会主義者vs.億万長者」の後期高齢者対決となってしまう。

次ページ民主党はまとまれるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT