「トランプVSバーニー」ならトランプ圧勝なのか アメリカの「社会主義ブーム」は結構ヤバイぞ

印刷
A
A

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。

2月29日の土曜日からは中山(競馬場)開催。筆者が「いざ中山」と勢い込んでいたところ、木曜日の2月27日になって、「JRAは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日以降の中央競馬について、当面の間、開催競馬場へのお客様の入場をお断りして実施(いわゆる「無観客競馬」)いたします」とのお達しである。

全国の学校に休校要請となるご時勢ではやむを得ないが、できればオープンエアーの中山競馬場で観戦したかったものである。

3月1日の日曜日の中山記念(G2、11R)は、このところ注目度が赤丸急上昇中。芝1800メートルというところがミソで、古馬はここを使ってから4月の大阪杯(G1)などの中距離戦に向かうもよし、マイル戦を狙うもよし、さらにドバイや香港など海外を目指す手もある。今年も頭数は少ないが、G1級のメンバーがそろって楽しみな一戦となっている。

中山記念はウインブライト×ラッキーライラック馬連1本

何と言っても見どころは、ウインブライトの3連覇なるか、であろう。その可能性は十分で、何しろこの舞台では4戦4勝。松岡正海騎手がケガで出場できないのが惜しまれるが、乗り代わりのフィリップ・ミナリク騎手に勝機ありと見る。

さらに、インディチャンプはこれが初の中山であり、1800メートルの距離がやや長そうだ。ダノンキングリーも有望だが、ディープインパクト産駒はこのレースとの相性がめっぽう悪い。牝馬のラッキーライラックは昨年の2着馬。その後も充実著しく、こちらは外せないか。

そこでウインブライトとラッキーライラックの馬連1本勝負。今週末は無料放送のグリーンチャンネルを見ながら、ネット投票といこう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT