「トランプVSバーニー」ならトランプ圧勝なのか

アメリカの「社会主義ブーム」は結構ヤバイぞ

ここから先はおなじみ競馬コーナーだ。

2月29日の土曜日からは中山(競馬場)開催。筆者が「いざ中山」と勢い込んでいたところ、木曜日の2月27日になって、「JRAは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、29日以降の中央競馬について、当面の間、開催競馬場へのお客様の入場をお断りして実施(いわゆる「無観客競馬」)いたします」とのお達しである。

全国の学校に休校要請となるご時勢ではやむを得ないが、できればオープンエアーの中山競馬場で観戦したかったものである。

3月1日の日曜日の中山記念(G2、11R)は、このところ注目度が赤丸急上昇中。芝1800メートルというところがミソで、古馬はここを使ってから4月の大阪杯(G1)などの中距離戦に向かうもよし、マイル戦を狙うもよし、さらにドバイや香港など海外を目指す手もある。今年も頭数は少ないが、G1級のメンバーがそろって楽しみな一戦となっている。

中山記念はウインブライト×ラッキーライラック馬連1本

何と言っても見どころは、ウインブライトの3連覇なるか、であろう。その可能性は十分で、何しろこの舞台では4戦4勝。松岡正海騎手がケガで出場できないのが惜しまれるが、乗り代わりのフィリップ・ミナリク騎手に勝機ありと見る。

さらに、インディチャンプはこれが初の中山であり、1800メートルの距離がやや長そうだ。ダノンキングリーも有望だが、ディープインパクト産駒はこのレースとの相性がめっぽう悪い。牝馬のラッキーライラックは昨年の2着馬。その後も充実著しく、こちらは外せないか。

そこでウインブライトとラッキーライラックの馬連1本勝負。今週末は無料放送のグリーンチャンネルを見ながら、ネット投票といこう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT