自己肯定感が低すぎてつらい人のための処方箋

「死にたい」と思う人ほどもっと吐き出そう

「どうせ私なんて」と自己否定しがちな人に、ポジティブマインドになれる方法を紹介(写真:miSaPhotographer/PIXTA)

「自己肯定感」がブームです。書店に行くと自己肯定感に関するコーナーがあり、10冊以上の本が並びます。あるいは、ネットでも「自己肯定感を高める方法」という記事をよくみかけます。

自己肯定感には非常に難しい問題があります。自己肯定感の定義が、研究者ごとに微妙に異なるし、自己肯定感を高める方法も本によってかなり違います。

あるいは、アドラー心理学を紹介した200万部超えのベストセラー『嫌われる勇気』には「自己肯定ではなく、自己受容」。つまり、自己受容こそが重要あり、自己肯定は重要ではない、とまで書かれています。また、「自己肯定感を高める方法を実行してみたが効果がない」という人も多いはず。

加熱する自己肯定感ブームの中で錯綜する「自己肯定感」とそれをめぐる問題について、今回わかりやすくまとめるとともに、「自己肯定感を高める」ための前段階で必要なことをお伝えします。

まずは「自己否定感」を理解しよう

自己肯定感とは何でしょう? 心理学事典に載っている定義を引用すると、「自分の可能性を信じ、自分はできるんだという自信をもち、肯定的に自己を認識すること」とあります。

自己肯定感は「高い」「低い」で表現されますが、そもそも「自己肯定感が低い」というよりも、「自分はダメな人間で、自分をまったく肯定できない」という人も多いはず。それは、「自己肯定感が低い」というよりも「自己否定感」です。

「自己肯定感」の反対が「自己否定感」。自己否定感を理解すると、理解しづらい自己肯定感も腑に落ちます。

「どうせ私なんか」「自分には無理」「自分は生きる価値のない人間」「生きていてもしょうがないので死にたい」というのが、自己否定感です。

次ページ自己肯定できる人、できない人の違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。