東京で夢追うシナリオライター女子の転々生活

いいかげんな訳じゃないけど引っ越しの達人に

ゲーム関連の文章を主に執筆するフリーライターのナナイさん。彼女が生活拠点を転々とする理由とは(撮影:川本 史織)
女子部屋を撮り続ける川本史織の写真と、元地下アイドルで自らもライター業で生計を立てている姫乃たまが記す、「夢追い女子」のお宅訪問インタビュー第3回。

ナナイさんと会ったのは新宿の喫茶店でした。

この連載一覧はこちら

つい最近まで栃木県宇都宮市にある家で、趣味のコレクションに囲まれながら、猫のアンチョビと年下の恋人と暮らしていました。

職業はフリーライターで、ゲーム関連の文章を主に執筆していますが、月の半分ほどはこうして都内へやって来ては打ち合わせをしたり、浪費癖を賄うためにキャバクラ嬢として働いたりしているのです。

「私、ずっと付き合ってる男の人と住んでるんです」

そう話すナナイさんが初めて同棲したのは18歳のとき。両親のいる実家から逃れたい一心で、東京に暮らす男性の家に転がり込みました。

それから今日までだいたい2~3年おきに恋人が変わって、そのたびに家から家へと移り住んでいます。

これまでは都内の物件を転々としていて、「今回の宇都宮は特例」だとほほ笑んで言いました。

恋人とともに住む家も替わる

立ち入った質問かと思いつつ、恋人との別れに合わせて引っ越していると、引っ越しシーズンにかぶってしまうのではないかと尋ねたら、「わりと穏やかに別れるので大丈夫です」と返事がありました。

毎回、別れ際は円満で、落ち着いて引っ越せるタイミングまでは平穏に同棲を続けているようです。

「いつもこれが最後だと思うのにね」

何気なくナナイさんの呟いた言葉に、勝手に少し感傷的になります。

なにもいい加減に転々としているわけじゃないのです。でも今ではすっかり引っ越しの達人になってしまいました。

部屋には好きなゲームやアニメのグッズが、本人も「把握できない」ほどたくさんあって、とても単身引っ越しパックの量には収まりません。

好きなゲームやアニメのグッズコレクションの数々(撮影:川本 史織)

引っ越すたびに整理して……ということはなく、長く持っているほど愛着が深まるので、コレクションは増える一方です。

まだ実家に住んでいた頃、窮屈で陰鬱としていたナナイさんの暮らしを支えていたのが、ゲームやアニメと文章を書くことでした。

「高校生のときはうつって治らないと思ってました。まだつらいときもあるけど、今はなんとか」

次ページインターネットで知り合った男性を頼りに上京
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。