名古屋で鍛えた地下アイドルが東京で見る夢

メイド志望だった少女は闇を吹っ切り生きる

地下アイドルの世界で生きていく決意をした兎乃さんが「今がいちばん楽しい」と話す理由(写真:川本史織)
アイドル、女優、モデル、ミュージシャン、ダンサー、ライター、イラストレーター、漫画家――。日本最大の都市であり、多くの人とおカネが集まる東京には「表現者」の女の子がたくさん集まっています。彼女たちはいったい何を夢見て、どのように生計を立て、どんな部屋で暮らしているのでしょうか。女子部屋を撮り続ける川本史織の写真と、自らも地下アイドル兼ライター業で生計を立てている姫乃たまが記す、東京に暮らす「夢追い女子」のお宅訪問インタビュー第1回。

女の子の部屋に行く機会なんてほとんどないので、とりあえず駅前のコンビニでチョコレートと少し高いフルーツジュースを買いました。そわそわとビニール袋を握りながら、マンションのエントランスでインターホンを押します。

この記事は連載第1回です

玄関を開けてくれたのは、くったりとした部屋着姿が女の子らしい兎乃結衣(うの・ゆい)さん。チョコレートを受け取りながら輝かせた大きな丸い目と、ショートパンツから伸びた長い脚に思わず目が留まります。

ワンルームのテーブルの上にはゲームのリモコン。テレビ画面にはプレー中のゲームが止まったままになっていました。クローゼットの中にはコスプレとライブのための衣装。冷蔵庫に貼られた買い物のメモ。兎乃さんはこの部屋にひとりで暮らしています。

「ずっとソロで地下アイドルやってて、2018年の1月からユニットになったんです。美羽えりちゃんって相方なんですけど、えりちょもソロでやってて、くっついたんです。メイド喫茶で運命的な出会いを果たしたんですよ!」

兎乃さんは都内のメイド喫茶で働きながら、ライブ活動をしている地下アイドルです。以前は名古屋のメイド喫茶で店長もしていました。

東京に来たらメイドはやらないと決めていた兎乃さんですが、好きなコスプレイヤーが働いてるメイド喫茶を見つけ、そこで働くことに。初日に出会ったのが美羽さんでした。最初は誰とも仲良くする気がなかったのに、コスプレという共通項で意気投合しました。

「どうなりたいの?」と聞かれて衝撃を受けた

美羽さんと出会った時の兎乃さんは、名古屋から上京してきて、趣味でコスプレをしながら、時々メイド喫茶で働いて、月に一度だけライブをしている地下アイドルでした。しかしある日、美羽さんから「兎乃ちゃんはどうなりたいの?」と聞かれて衝撃を受けます。

「えりちょに、私は『芸能で食べていきたい』って言われて、すごいびっくりしました。私はそこまで考えてなくて、たまにライブして、みんなと楽しい時間を過ごせたらそれでいいと思ってたから、芸能で食べていきたいってすごい衝撃だったんです」

次ページ「今がいちばん楽しい」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発進!プログラミング教育

2020年度に小学校でプログラミングが必修化。6年後には新センター試験に導入。親が子どもにしてやれることは? 先進公立小学校の取り組みから夏休みの自由研究のネタまで紹介。