「新型コロナ」は「バブル大崩壊」の「序曲」なのか

NYダウ603ドル下落でも漂う「危うい安心感」

アメリカで30年相場を見てきた筆者の持論では、危機管理と緊急事態での判断は誰にでもできるものではなく、特殊な才能を持った人にしかできないと思う。主観では、安保体制の中、戦後の70年間、どっぷりと平時に染まった日本の政治力では、そのようなスペシャルな対応が可能か疑問である。ならばこういう時こそ、当時の日産にならい、プライドを捨ててでも必要なら外部の専門家を雇うべきだろう。

トランプ大統領が「911」で勲章を授与したある人物

そこで、ある逸話を紹介したい。昨年9月、ドナルド・トランプ大統領は、英国出身の軍人である故Rick Rescorla(リック・レスコーラ)氏に、亡くなってから18年経って個人としては最高勲章の「メダルオブオナー」を与えた。同氏はベトナム戦争に数百人の部下を持つ部隊長として従軍。2000人以上の敵兵に囲まれながら、部隊を鼓舞し、援軍がくるまで持ちこたえた戦場の英雄である。

数々の勲章を得た同氏は、退役後、民間のセキュリティ会社に移り、1990年代には、アメリカの大手金融機関のモルガン・スタンレー社でWTC(世界貿易センタービル)にある本社のセキュリティ総責任者になった。そして1993年の最初のWTCテロが起こる直前、ビルの構造上、爆弾を使ったテロが駐車場で起こる可能性が高いと判断、それに沿った避難訓練を徹底した。

そして氏の想定通りのテロが起こり、最小限の被害で抑えたことで評価を高めた同氏は、返す刀で「次は飛行機による空からの攻撃になる。だから本社を移転すべき」と、本社幹部に進言した。だが本社はリース契約が2006年まで残っているとの理由で移転を拒んだ。

そして運命の2001年9月11日。WTCのサウスタワー44階で衝撃音を聞いた同氏は、ノースタワーの火災が飛行機によるテロだと確信。状況把握に手間取った当局が(NY湾岸管理局)、サウスタワーの人は塔内に留まるように命令を出す中、レスコーラ氏は行政からの命令を無視。社員2700人を非常階段から速やかに退避させた。そしてまだ管内に残された社員がいるとの一報を受け、2機目が追突し炎上が始まっていたサウスタワーに向かった。途中、妻に電話をかけ、もし自分が戻らない場合、君に感謝していたことを忘れないでほしいと言い残した。

次ページなぜ18年もたっての勲章だったのか?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。