40代が同窓会で絶賛した、国語教師の"神授業"

20年後に差がつく「最も大事な能力」

子どものときに身に付けておくと仕事でも役立つ、ある力とは?(写真:しげぱぱ/PIXTA)  
わが子には、生きるために役立つ能力を与えたい。親であれば、誰でもそう願うところでしょう。では、これからの時代「一生役立つ力」とはいったい何でしょうか? 英語? プログラミングスキル? それとも、心が折れないための自己肯定感?
今回は、小学校の同窓会で授業を振り返った30~40代の卒業生全員が納得したという「一生役立つ力」について、『勉強したがる子が育つ「安藤学級」の教え方』や『小学校6年生までに必要な作文力が1冊でしっかり身につく本』の著書がある、安藤英明先生に話を聞きました。働き盛りの社会人が、仕事現場でいちばん役立ったと実感しているのは、意外な力でした。

同窓会で感謝された、小学校での「あの授業」

「いや〜、オレ、小学校時代に安藤先生に勉強を習って本当によかったわ―」

教え子のS君が、ほろ酔いの声でしみじみと言いました。その日は小学校の同窓会。20年以上前に担任をした教え子たちが、一堂に会していました。

小学校の同級生というのは不思議なものです。卒業から何年経っても、あっという間に当時の記憶がよみがえり、思い出話に花が咲きます。

あの行事が面白かった、あの授業を覚えている? そんな話をしている最中、S君が冒頭の話を切り出しました。聞けば、私が小学生のときに教えた「作文の書き方」が、いまとなっては仕事でいちばん役に立っていると言うのです

S君が作文の授業の話を始めると、そこにいた教え子たちが、「私も!」「オレもだよ!」と口をそろえました。

ある男の子は「報告書1つ出すにしても、ほかの人の半分以下の時間で書ける」と言います。「同期がみんな就職に苦戦するなか、すぐに内定をもらった。採用の決め手は文章力だったと言われました」という子もいました。

ある女の子は「取引先にメールする文章を考えるのがつらくて仕方ないという後輩に、『文章の型』を教えてあげました」と言います。

そしてこぞって、「文章に苦手意識がないことで、どれだけ仕事が楽になっているか」について力説してくれました。これは本当に、うれしい話です。

私はこれまで、小学校の教員としてさまざまな教科を教えてきましたが、なかでも最も力を入れて指導していたのが、自分の意見や考えを発表することと、作文の指導でした。

次ページ「話すように書く」ことができる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。