「有給が取れて年収も高い会社」トップ200社

有休取得15日以上が対象、1000万円超は21社

横浜市にある「ヒューリックみなとみらい」。1位のヒューリックは首都圏を中心に全国に約250のオフィスビルや高齢者住宅などのを所有し、賃貸事業などを展開している (写真:ユフォト/PIXTA)

就活生が気になる項目の1つとして休暇があり、彼らは休暇が取りやすいかどうかをチェックしている。逆にいうと、「休暇がとりづらい」会社は敬遠されているようだ。

厚生労働省の「平成31年就労条件総合調査」では有給休暇の年間平均取得日数は9.4日、有給休暇取得率は52.4%と、前年と比較しそれぞれ0.1日増、1.3ポイント増になっている。

『就職四季報』特設サイトはこちら

国や会社も、働きやすい環境を整備し、ワーク・ライフ・バランスの対応を進めた結果、有給休暇の取得日数は、少しずつではあるが、増加傾向にある。ただ、政府は2020年に有給休暇取得率を70%まで引き上げることを目標にしており、まだまだ道半ばだといえるだろう。

では、個別の企業で有給が多くとれる会社はどこか? さらに、給料などの待遇がいい会社でそうした企業がないか、探している就活生もいるだろう。

就活生は休暇が取りやすい会社を望む

そこで、今回、有給休暇取得日数が15日以上の会社をピックアップし、それらの会社を平均年収順に並べ、「年収が高く有給休暇が取りやすい会社ランキング」を作成した。

なお、同順位の際は有給休暇取得日数順に並べている。有給休暇取得日数は2018年度のデータのため、2019年4月より施行された年5日の有給休暇取得義務化の影響はない。

次ページ年収1000万円を超える企業は21社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT