「有給が取れて年収も高い会社」トップ200社

有休取得15日以上が対象、1000万円超は21社

このランキングで、年収1000万円以上の会社は21社となった。

トップは、東京を中心にオフィスビルなどの賃貸事業を手がけるヒューリック。平均年収は1636万円で、有給休暇取得日数は15.4日であった。2位は住友商事(平均年収、1390万円、有給取得日数16.9日)、3位ファナック(1364万円、16.7日)と続く。上位に大手企業が名を連ねる。20位のアジレント・テクノロジーは、医薬・バイオ関連機器を手がける外資系企業だ。

1000万円以上の業種をみると、化学(15位三菱ケミカル、16位三井化学)、建設(14位日鉄エンジニアリング、21位JFEエンジニアリング)、商社・卸売(2位住友商事、8位双日)、証券(11位大和証券グループ、13位SMBC日興証券)、食品・水産(7位サントリーホールディングス、10位サントリー食品インターナショナル)、電機・事務機器(12位ソニー、20位アジレント・テクノロジー)、電子部品・機器(4位東京エレクトロン、19位アドバンテスト)、不動産(1位ヒューリック、5位三菱地所)が2社ずつランキングに入るなど特定の業種が固まるのではなく、さまざまな業種が顔を出している。

実際の取得日数や業種別平均とも比較する

一方、有給休暇取得率が90%以上の会社は33社となった。99位の大手工作機械総合メーカーのDMG森精機は、有給休暇取得日数が21.8日で、取得率が100%を超える。100%を超過しているのは、1年に付与される有給休暇20日をすべて取得し、さらに、これまで繰り越した有給休暇を取得したためだ。

自動車の車体骨格部品メーカーでホンダ系のエイチワン(185位)が、昨年に引き続き有給休暇取得率100%を達成している。

業種別を見ると、自動車部品(74位トヨタ車体、89位デンソー、91位豊田自動織機、108位東海理化、121位豊田合成、137位トヨタ自動車東日本、141位日本発条、172位トヨタ紡織、174位テイ・エス テック、エイチワン、190位ショーワ、192位エフ・シー・シー)が12社と4割弱を占めており、有給休暇の取得に積極的で給料も高い業種とみていいだろう。

有給休暇の付与日数を100%取得できるのは難しく、このランキングでも2社しかない。有給休暇を確認する際は、実際の取得日数や取得率を見てほしい。また取得日数が多いほど、有給休暇を取りやすい雰囲気があるともいえよう。

業種によって、バラツキがあるので志望業種の平均と比較することを勧めたい。ランキングに入っていなくても、業種別で上位に入る、隠れた働きやすい会社も見つかってくるはずだ。『就職四季報』では各種指標の業種別平均を掲載している。うまく活用して休みが取れる働きやすい会社を見つけてほしい。

次ページ有休が取れて年収が高い会社1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT