「赤字ベンチャー」に高値がつく本当の理由

「ユニコーン乱立」時代の「見えない」資本論

資本主義の資産価値は有形から無形へと変化している。いったい「無形の資本」の正体とは?(写真:xubingruo/iStock)  
資本主義経済の大部分は、今や「見えない資本」が駆動している。このたび上梓された『無形資産が経済を支配する 資本のない資本主義の正体』では、旧来的なレギュレーション下では捉えることが難しかった新しい経済のダイナミズムを、解き明かそうとしている。
新しい資本主義経済の下では、企業はどのように振る舞い、また私たち個人はどのように行動すればよいのか。最新の研究を基にその枠組みを示す。

「ありえない」価格と「ありえる」価格

ユニコーンとは評価価値が巨大な新興企業を示す言葉だが、なぜ赤字ベンチャーに巨額の値がつくのか。これはきちんと解明されていない現代の不思議の1つで、経済的な難問だ。

『無形資産が経済を支配する 資本のない資本主義の正体』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ビジネススクールでその評価を議論をしても、ロードショウ(公募価格の値決めのために行われる出張説明会)の実地においても、「適正」「妥当」な水準をめぐっては侃侃諤諤(かんかんがくがく)の白熱したやり取りになる。

その不思議の解明の、重要な基礎的部分(の一部)を説明するかもしれない著書が登場した。『無形資産が経済を支配する 資本のない資本主義の正体』である。気鋭の若手研究者2人が丁寧にその謎に迫っている。

例えば、専門家が「ありえない」と評した価格がついた企業があったとして、それはありえる水準からの乖離だと考えられるとする。では、そのもともとの「ありえる価格」とはなんなのだろうか。

「ありえる価格」は伝統的なバリュエーション(価値算定)で、近代の会計や計量的な経済学から導き出される数値である。多少の変更はありながらも、基本的には企業が持っている資産の量、そしてそれを使っての将来の利益を計算して評価額は決まる。

次ページ「無形資産」が主役となる時代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT