外国人が「ラーメン」に感じる超高いハードル

慣れていないと注文すらおぼつかない

ラーメンが到着し、1人が早速麺を口に運びましたが、その瞬間、熱さにビックリした猫のように飛び上がりました。あまりの熱さに驚いたようです。それを見ていたもう1人は、慎重に食べないといけないと思ったのか、スパゲティを食べるように、フォークとスプーンを使って食べていました。しかも、「フー、フー」と念入りに冷ましてから。

こんな調子だったので、食べ終わるのに30分以上かかりました。周りにいた日本人からすると面白かったみたいですが、ラーメンを食べていた本人たちは必死で、ようやく1杯を食べ終えたという感じでした。

このことからもわかるように、ラーメンをすするのは、外国人にとってとても難しいことです。すすることによって、麺と一緒に空気を吸い込めるので、熱いものも食べられると聞いたことがありますが、そもそもヨーロッパの人はそんなに熱いもの食べる機会が多くありませんし、熱すぎれば適温になるまで待ちます。

広い心を持って対応してほしい!

たまに夫は、アテネの日本食材店で日本のブランドのカップラーメンを買って食べていますが、あまり食べた気がしないそうです。なぜかと言うと、麺が日本のカップラーメンのものより短く、麺をすすらなくても食べられるようになっているからだそうです。これだと、日本人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

以上の3点以外にも、外国人が戸惑ってしまうことは多々あると思います。日本は規律がしっかりしていて、ルールを守る人が多いので、どうしても外国人の振る舞いが少しルーズに見えてしまうかもしれません。

ラーメン屋さんには、その店ならではの美学を持っているお店も多いですし、お客さんがそのしきたりに従うことも含めて、そのお店で食事することなのではないかと思います。確かに、それもすばらしい文化だと思いますが、冒頭書いたように、戸惑っていても広い心を持って対応していただけると、そのぶん外国人もハードルを高く感じなくて済むはずです。

日本人に比べると、マイペースな人が多いかもしれないけど、寛容に受け入れてもらえるとうれしいです。でも、度がすぎるようだったら、怒っても大丈夫ですよ!!

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。