外国人が「ラーメン」に感じる超高いハードル

慣れていないと注文すらおぼつかない

外国人にも人気のラーメンだが、日本で「初心者」が食べようと思うとそのハードルは意外と高い(写真:kuri2000/PIXTA)

ご無沙汰しております。 アナスタシアです。ついに待ちに待った2020年が始まりましたね。今年は東京オリンピック・パラリンピックの年。多くの方にとって、思い出に残る年になるのではないでしょうか。

ギリシャはオリンピック発祥の国、そして今回は日本での開催ということで、ギリシャ人で日本人の伴侶を持つ私もとても楽しみです。2004年にアテネで開催されたオリンピック・パラリンピックでは、バレーボールの試合とパラリンピックの閉会式を会場で見ましたが、今でもはっきりとその様子を覚えています。競技だけではなく、海外から日本を訪れる人にとっては、日本という国に触れる、またとない機会になるはずです。

ついにこの味に出会ってしまった

今回の東京オリンピック・パラリンピックでは、埼玉県の三郷市がギリシャのホストタウンとして登録されていて、ギリシャの陸上チームが本番前にキャンプを行う予定です。私も夫と一緒に、三郷市の取り組みに協力させてもらっています。先日も三郷市へ行って、いろいろと打ち合わせをしたのですが、そこで思わぬ出会いがありました。

一通り打ち合わせが終わり、「食事でも一緒に……」という流れになりました。職員の1人がラーメン好きということで、オススメのお店へ行くことになりましたが、そこで出会ってしまったのです、油そばに!

ギリシャ人は濃い味が好きなので、ラーメンよりつけ麺を好む人が多いのですが、私の中で油そばは完全にその上を行っています。一口食べた瞬間、醤油ベースのタレの味がガツンと来て「これだ!!」と思い、一気に食べ終えてしまいました。

ヨーロッパでもラーメンの人気は高まっていて、「毎日ラーメン健康生活」を掲げるユーチューバーのすするさんではありませんが、日本に来たら毎日ラーメンを食べたいと考えている人も少なくありません。スウェーデン人で剣道家の友人は、毎日のように食べたラーメンをインスタグラムに投稿していたので、「ラーメンが好きすぎるスウェーデン人」として、日本の稽古仲間の間ではちょっとした話題になっていました。

次ページ福岡のラーメン店であることを聞かれて凍った
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT