目標は「意志の力」で達成できるほど甘くない

目標を達成したい人は「環境」を作る事が重要

目標を確実に達成するための方法とは?(写真:triloks/iStock)
心理学の世界では、「人が行動を取るうえで重要なのは、個人の意志か、環境による外的要因か」の論争が続いている。
しかし、『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』の著者ベンジャミン・ハーディ氏は明確に「意志力」を否定したうえで、「環境を自分でどう選択するかが重要」と続けます。

意志力は役に立たない

意志力は役に立たない――これは科学的に証明がなされた、厳然たる事実だ。では、目標を達成するために打つ手はないのかといわれれば、「環境を、目標達成仕様に変える」という方法が真っ先に挙げられる。

1928年、北米プロアイスホッケーリーグの王者決定戦スタンレーカップ決勝で前代未聞の事件が発生した。

ニューヨーク・レンジャーズのゴールキーパーが負傷により退場を余儀なくされたのだが、ベンチに控えのゴールキーパーはいなかった。そこで選手たちは44歳だった監督のレスター・パトリックにゴールキーパーとして出場するよう説得する。本人にその経験はなかったが、彼はゴールキーパーの防具を身に着け、スタンレーカップ史上最年長選手としてプレーした。

結果はどうだったか。なんとパトリックはわずか1本のゴールを決められただけで、19本のシュートを阻止した。

パトリックは「キーパーなんてやったことがないから無理だ」とは言わなかった。必要に迫られて立ち上がったのだ。

次ページ「語学」を習得するには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT