目標は「意志の力」で達成できるほど甘くない

目標を達成したい人は「環境」を作る事が重要

目標を確実に達成するための方法とは?(写真:triloks/iStock)
心理学の世界では、「人が行動を取るうえで重要なのは、個人の意志か、環境による外的要因か」の論争が続いている。
しかし、『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』の著者ベンジャミン・ハーディ氏は明確に「意志力」を否定したうえで、「環境を自分でどう選択するかが重要」と続けます。

意志力は役に立たない

意志力は役に立たない――これは科学的に証明がなされた、厳然たる事実だ。では、目標を達成するために打つ手はないのかといわれれば、「環境を、目標達成仕様に変える」という方法が真っ先に挙げられる。

1928年、北米プロアイスホッケーリーグの王者決定戦スタンレーカップ決勝で前代未聞の事件が発生した。

ニューヨーク・レンジャーズのゴールキーパーが負傷により退場を余儀なくされたのだが、ベンチに控えのゴールキーパーはいなかった。そこで選手たちは44歳だった監督のレスター・パトリックにゴールキーパーとして出場するよう説得する。本人にその経験はなかったが、彼はゴールキーパーの防具を身に着け、スタンレーカップ史上最年長選手としてプレーした。

結果はどうだったか。なんとパトリックはわずか1本のゴールを決められただけで、19本のシュートを阻止した。

パトリックは「キーパーなんてやったことがないから無理だ」とは言わなかった。必要に迫られて立ち上がったのだ。

次ページ「語学」を習得するには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。