50代が「転職・再就職」で超苦戦する根本原因

「空前の売り手市場」を鵜呑みしてはいけない

転職をする際に即戦力といえば40代、50代のはずだが、なぜ実際は20代、30代のほうが求められるのだろうか?(写真:プラナ/PIXTA)  
「空前の売り手市場」に背中を押されて、転職を考えている中高年もいるかもしれない。だが、ちょっと待ってほしい。売り手市場の恩恵にあずかれるのはごく一部の人だけだ。
中高年が売り手市場を鵜呑みにしてはいけない理由を、『転職の「やってはいけない」』の著者であり、これまで3000人以上の転職・再就職をサポートしてきた郡山史郎が解説する。

転職事情は転職希望者の年齢によって大きく異なる。採用担当者が評価するポイントは20代、30代、40代、50代でそれぞれ違うからだ。

転職希望者が20代の場合、採用担当者は100%、その伸びしろ、つまり成長する余地で採否を判断する。前職で「チームの売り上げを2倍にしました!」というような華々しい実績がなかったとしても問題ない。新卒で入った会社で社会人としての経験はすでに積んでいる。早く組織に馴染んで会社に貢献してくれる潜在能力があればいい。

30代の場合は伸びしろ50%、実績50%で判断する。ある程度ビジネスの経験を積んでいるので、即戦力になるし、まだまだ知識やスキルを吸収して伸びる可能性もある。両方を兼ね備えているので、例えば35歳くらいで英語ができて、海外交渉ができて「海外でもどこでも行きます!」というやる気のある転職希望者なら、どんな企業からも採用されるだろう。

40代は100%、実績で判断される。企業は即戦力として働いてくれることを期待しているので、その人の持っている知識やスキルが求人側の求めているものとマッチすれば、採用される可能性はある。逆に、その人の知識やスキルがその会社で役に立たない場合は採用されることは難しい。伸びしろはまったく期待していない。

50代はちょっと厳しい言い方になるが、採用されることはかなり難しい。たとえ、その人が持っているスキルや知識が求人側の企業にとって役立つものだったとしても、である。

なぜ40~50代の転職は難しいのか

さて、「転職市場では今、20代と30代に需要がある」「企業は今、即戦力を求めている」ということはこれまでの項で説明してきた。この2つに矛盾があると思う人も、もしかしたらいるかもしれない。即戦力が必要なら、むしろ実績がある40代、50代のほうが有利のような気もする。

実績のある40代、50代よりも20代、30代が求められる理由は、即戦力には「知識やスキル、経験」だけでなく「適応能力やコミュニケーション能力」があり、後者にもウェイトが置かれていることが理由の1つに挙げられる。また、これ以外にも会社側の深い事情が2つある。

次ページ20~30代のほうが費用対効果が高い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT