引きこもり夫と親が別居すべき4つの理由

夫の自立のために妻ができることは何なのか

引きこもり中の夫が同居中の両親と不仲で、間にいることに疲れ、適切な判断ができません(写真:Ushico/PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は著者の新著『あらゆる悩み・不満・ストレスが消える!最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓』の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

引きこもり中の夫が、同居中の両親と不仲で困っています。
夫は以前仕事で身体を壊し、夫の実家に帰って両親(74歳)と同居しています。同居生活が長くなる中で、夫とその父親の不仲が問題になってきました。私は、どのように振る舞うべきでしょうか。
夫の父親は厳しく、昔から自分の考えを曲げない人で、息子が自分の求める水準のことができないと、情けないと叱り続けたそうです。
それで夫自身、自分は恥ずかしい子どもだと、今も思い続けています。そのためか、自分のしたいことはなく、今も職は探していますが引きこもって、さらには働かなければ食べてはいけないと、食事も食べたり食べなかったりしています。
この状況よりひどいときが2~3年前にもあったのですが、いろんな人に助けて貰い、当時は1年間の臨時の仕事のお陰で生活のリズムができていました。ですが仕事が終了すると、また引きこもりが始まったのです。
夫からは親の愚痴を聞き、舅からも40代にもなってと息子の愚痴を聞き、親子喧嘩が絶えません。
舅には夫の気持ちをわかってほしいし、夫にもそんな父親だと理解して自分の生活をしっかり持ってほしいと思っています。
夫に、実家を出て近くに住もうと話したら、それなら仕事のある都会に行くと言っています。
しかしその場合の、年老いた夫の両親との関係が案じられ、このままだと夫が以前のように、精神的にも肉体的にも悪くならないかと心配する毎日で、間にいることに疲れ、判断ができません。
前田(仮名)

夫が引きこもっていては誰も救われない

あなたの選択肢はただ1つ、夫が健康的な生活を取り戻すべく、夫の意向に沿って「大都会」へ行くことです。

この連載の記事一覧はこちら

夫が心身共に健康を害さないか心配しておられますが、すでに彼はその入り口には立っておられるとみるべきで、急を要しています。

彼は仕事さえ得れば、生活にリズムを取り戻すようですし、彼の意向で大都会へ行くのですから、生きる意欲や責任感という意味でも、このチャンスを逃すべきではありません。

あなたは別居後の親子関係まで心配しておられ、私は感心していますが、親の近くにいても彼が引きこもっていては元も子もなく、誰も救われません。

次ページ和解には、双方の和解意向とタイミングが重要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT