プログラミングを楽々習得する子の学びのコツ

数学嫌い=プログラミングも苦手は間違いだ

2020年4月からスタートする小学校での「プログラミング教育」。それにむけて、親はどんなことを知っておくべきでしょうか(写真:ふじよ/PIXTA)
2020年4月からいよいよ小学校での「プログラミング教育」がスタートします。プログラミング教育は、なぜ必要で、どんな能力を求められるのか? そして、わが子にプログラミング的思考を身に付けてもらうために、親として知っておくべきことは何か? 監修者の代表として関わった飛坐賢一氏の新刊『プログラミングをわが子に教えられるようになる本』より一部抜粋、再構成して紹介します。

プログラミング教育の本当の意味

「プログラミング教育」は、なぜ必要なのか?

この質問に対して、大きな誤解を持っている親御さんが多くいます。文部科学省(以下、文科省)も明言していますが、小さな子どもたちを対象としたプログラミング教育の本質は、プログラマーを量産することではありません。デジタル技術を身近なものとして捉えてもらうことにあります。なぜなら、AIやロボットと寄り添って暮らすことになる今の子どもたちにとって、デジタル技術は自分の目的を達成するときの強力な武器になるからです。

その第一歩としてとにかく重要なことは、子どもが小さいうちにデジタル技術に対するアレルギーをなくすこと。アレルギーをなくす最善の手段は、子どもたちに「自分がコンピューターに指示を出す側に回る」という体験をしてもらうことです。

「プログラムを書くとはどういうものか?」

「コンピューターに指示を出すとはどういうことか?」

文部科学省が先生向けに出した資料でも、このような経験をしてもらうことが目的であるとしています。文科省の言葉を使えば「プログラミング的論理思考を身に付けてもらうこと」ということになりますが、正直、プログラムを書いたことがない人には、さっぱり意味がわからない言葉でしょう。

次ページプログラミング教育で身に付けられる能力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。