中高一貫校の入試スタイルが激変し始めた事情

理数教育注目で創造力や思考力試す問題続々

中高一貫校の選び方に変化が生じている(デザイン:杉山 未記、写真:Getty Images)

中高一貫校が再び人気になっている。

日能研の推計によると、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)では一貫校の受験者数が4年連続で増加中。来年の入試では2011年以来の受験者数6万人台回復の可能性が高い。この時期は、来年の入試に向けて学校説明会の開催が相次いでいるが、多くの学校で例年以上の参加者を集めている。

『週刊東洋経済』7月22日発売号は、「子どもが幸せになる学校選び 中高一貫校」を特集。中高一貫校の新しい動きなどについて紹介している。

東京23区の人口増に連動して受験者数増

首都圏を中心とした中高一貫校の受験者数増の背景には、人口増加がある。とくに一貫校への受験率が高い、中央区、千代田区、文京区、江東区など東京都心部で児童の数が増えている。一貫校で育った保護者が増えていることも理由の1つに挙げられる。

2021年度入試から予定される大学入試改革の影響も大きい。センター試験の代わりに導入される「大学入学共通テスト」では国語などで記述式問題が導入される。さらに、英語民間試験を活用した英語4技能(聞く、話す、読む、書く)の評価や、「主体的に学ぶ力」を評価するための提出書類の改善なども改革のポイントだ。

そして、従来から重視される「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」や「学習の主体性」も求められている。

次ページ「STEAM教育」を打ち出す
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング