プログラミングを楽々習得する子の学びのコツ

数学嫌い=プログラミングも苦手は間違いだ

プログラミングの世界と聞くと、「緻密な計算ができる人が、高速で完全無比なプログラムを書き切る」というイメージがあるかもしれませんが、実際には「失敗の連続」で成り立つ、非常に泥臭い世界です。

とくに求められる機能が複雑になればなるほど、プログラマーが考え抜かないといけない範囲も爆発的に増え、「さすがにもう大丈夫だろう」と思っても、不具合が次から次へと起こります。その都度、原因を究明し、手直しをするという作業がプログラマーの主な仕事と言っても過言ではありません。

プログラム上の不具合を「バグ(bug、虫)」と言い、不具合を直す作業のことを「デバッグ(debug)」と言います。目に見える現象を手掛かりに仮説を立て、検証の仕方を考え検証する。「デバッグ(debug)」は、プログラミングの醍醐味なのです。バグは、先入観に起因する場合があります。

つまり、「先入観を疑う」。その癖を身に付けることも、プログラミング教育において重要な目的の1つです。それを踏まえると、親が子どもにプログラミングを教える際に注意すべき点が挙げられます。大きく次の2点です。

①失敗を責めない
②答えを言わない

失敗に気づくことは正解への1歩

①は、まさに、失敗から学んでいくことが重要なので、失敗(間違い)を責めてはいけません。「失敗は当たり前」という感覚を植え付けてほしいと思います。そして 「失敗に気づくことは正解に近づくための大事な一歩である」という感覚を子どもたちに伝えてほしいのです。

大人に具体的にできることは、必要以上に口を出さないことです。子どもが、プログラミング教材をやっていて、もし間違ったとしても責めてはいけません。大人も「残念。じゃあ、どこを直せばいいかな?」と淡々と反応しながら、うまく思考を誘導してあげるだけでいいのです。そして、最終的に正解に辿りついたときに「やったね!」と一緒に喜びを分かち合い、小さな成功体験を積み上げていってほしいのです。

②は、プログラムをつくっていく際、ただやっているだけではあまり意味がありません。本当の意味で考え抜くというのは、自分が「こうだろう」と思っていた先入観に気づき、それをどんどん更新していくことです。

プログラミングと先入観は非常に密接な関係にあり、プログラミングで起こりうる不具合は、プログラムを書いた人の先入観で生まれるものです。わざわざ不具合を残してプログラムを書く人はいないので、「できた!」と言っている時点で本人は完璧なプログラムを書いたと思っているはず。それでも不具合が起きるのは、自分の想定外のことが起きるからです。

「何が想定外だったのか?」「何を思い違いしていたのか?」「どうやったら正しくできるのか?」

こうしたことを粘り強く考えていくことで、子どもたちに「考え抜くって簡単じゃないんだな」「でも、頑張って考え抜いたら、いずれ正解に到達できるんだな」と気づいてもらえます。

次ページ正解に至る道はいくらでもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT