「給料が高く新卒が辞めない会社」ランキング

平均年収800万以上で3年内定着率上位202社

2016年卒の3年間の定着率が100%だった東宝。東映も定着率100%だった (撮影:今井康一)

就職関連セミナーを昨年より前倒しで開催する大学が増えている。大学3年生(2021年卒)の多くが就職活動に動き出し、企業研究や自己PRに手をつけているのではないだろうか。

企業研究をするうえで、新卒3年後離職率をチェックする就活生は多い。厚生労働省が毎年公表している「新規学卒就職者の離職状況」によると、大卒就職者の3年後離職率は32.0%と、昨年に比べ0.2ポイント悪化した。長期的には横ばいとなっており、離職率は「3年で30%」が目安だ。

3年で新卒の3割辞めるのが平均像

ただ、数字を見る際は、事業規模や業種ごとの数値を確認したほうがいいだろう。

『就職四季報』特設サイトはこちら

この「新規学卒就職者の離職状況」を事業規模別で見ると、1000人以上では25%に対し、30~99人は39.3%、5~29人は49.7%、5人未満では57.7%と、規模が小さくなるほど離職率は高くなる傾向がある。また業種別では、電気・ガス・熱供給・水道業の9.2%に対し、宿泊業・飲食サービス業は50.4%と、差は大きい。

では企業個別ごとの離職率はどうなっているのか。『就職四季報2021年版』(総合版)では、掲載企業の新卒3年以内の離職率を収録している。一方、就活生の中には、離職率も低いが給料も高い会社に就職したいという希望を持っている人もいるだろう。

そこで対象を「年収の高い企業」に限った「離職率が低い企業」をランキング形式で紹介していきたい。

次ページ3年後定着率が100%の企業は減少
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT