アマゾン創業者が失敗し続けている最大理由

「50代でもサードドアは開く」沖縄起業家対談

棚原生磨(たなはら いくま)/株式会社Alpaca.Lab代表取締役。2013年北陸先端科学技術大学院大学修了後、株式会社JMC入社、事業推進部ICTプランニング課配属。2015年公益財団法人沖縄科学技術振興センター入社、産学官連携事業、大学発ベンチャー支援事業に従事。2018年課題先進県の沖縄から、課題解決のスタンダードを創るべく株式会社Alpaca.Labを設立 (撮影:Hoi Shan Wu)

棚原:私はすごく小さいコミュニティーで闘っています。お客さんが味方であり、敵でもあるんです。ウーバーもそうですが、モビリティーサービスのドライバーはブルーカラーの方が多いんです。運転代行もほとんどそう。しかもマーケットはすでに存在し続けて、独自の文化もあります。

新たなマーケットを作るのでなく、すでにあるマーケットを再構築することが必要で、そのために今あるマーケットの人々としっかり対話しなければなりません。反発も受けますし、抵抗もあります。でも少しずつ時間をかけて説得を試みることがチャレンジかなと思っています。正直、ゼロから作っていけるベンチャーがうらやましいですよ。

池見:とくに運転代行は特殊なビジネスですから、法律や慣習が先行している状況もありますね。習慣を変えるのは大変なことです。

僕はいまマレーシアに住んでいますが、沖縄は東京経由で来る方法と、クアラルンプールから上海経由で来る方法とがあります。後者のほうが近いんですよ。みなさんは、アジア展開など、沖縄だからこその地理的メリットを生かしたビジネス展開などは考えていらっしゃいますか?

村田:2019年12月から台湾展開を始めます。実は沖縄は、東京よりも台湾のほうが近いんです。台湾にはまったくパートナーもいない状態で、最初は恐れもあったのですが、当たってみると実は台湾には『サードドア』で言うインサイドマンが結構いることがわかりました。やってみたら意外とできたという感覚です。人材もいるし、観光客も多いし、パートナーを開拓しやすく、展開しやすい。台湾にはメリットがありますね。

バナヤンさんは、成功と失敗は同じで、コインの裏表だとおっしゃっていますが、チャレンジの途中でやめてしまった人に対してはどのように捉えていますか?

重要な目標や理由があれば諦めない

バナヤン:やめるにもいろんな要因がありますよね。チャレンジが大きすぎたという場合、ビジネスによってはそもそも不可能だったという場合、そして当初の目的より大事なことが出てきたという場合もあると思います。

ただ、中にはモチベーションを失って、自分のビジネスのことを忘れてほかのことをやり始める人もいますね。私は、自分が本当に大事だと思っていることならば、どうにか方向性を見つけるものだと思います。

仮にビルの3階に100ドルがあって、見つけた人がもらえるとします。みんな駆け出していきますよね。でも、もしもそのビルが火事になっていたら、さすがに行く人はいません。

次ページ全体像を眺めてみたら、実は大したことじゃない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT