意外!織田信長の気遣いあふれる手紙の中身

信長に学ぶ相手の心をつかむ文章3ポイント

文章で相手の心をつかむには? 織田信長を例に紹介します(写真:Greyscale/PIXTA)

人はつい、自分のことをわかってくれている、と思うあまり、「自分目線」で文書を書いてしまうものです。結果、企画のプレゼンであれ、お願いメールであれ、独りよがりの文章構成になってしまい、相手の心に届かなかった、ということも少なくありません。

では、文章で相手の心をつかむには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。拙著『心をつかむ文章は日本史に学べ』でも詳しく書いていますが、筆者はこれまで多くの日本史に残る手紙を読んできて、次の3つの要素が必須であると考えています。

<相手の心をつかむ3要素>
1. 相手のことを調べたうえで書く
2. 目的に合わせて形を整える
3. 伝えたい内容を明確にし、短くまとめる

いずれも、「令和」の現代を生きる私たちが文章を書くうえでも、大切な要素といえるでしょう。

優しさと気遣いに満ちた内容

この3要素を踏まえた文章として、よきお手本となるのが、意外かもしれませんが織田信長の文章です。この戦国の覇王は、乱世に「天下布武」のスローガンを掲げ、天下統一まであと1歩、と迫った英雄です。彼の存在なくしては、豊臣秀吉も徳川家康も、天下を治める野望すら持てなかったに違いありません。

その信長は、文章の達人でもありました。相手を思い浮かべて、手紙を書く目的に合わせて、巧みに文章を書き分けるのみならず、書体まで変えています。

次に示すのは、家臣である秀吉の妻、おね(のちの北政所〈きたのまんどころ〉)に宛てた、信長の直筆手紙の現代語訳です。

「そなたの眉目、容姿はいつぞや見たときよりもよほど美しくなった。そんな女房と結ばれたのに、藤吉郎(秀吉)が文句を言うなど言後道断だ。どこを探しても、お前ほどの女を、あの『禿げネズミ』が再び女房にできるわけがない。だから、これ以降は明るく元気に、もっと重々しく振る舞い、嫉妬するような素振りはしてはいけないよ。この手紙を藤吉郎にも見せてやればいい。  のぶ」

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」のイメージとは程遠い、優しさと気遣いに満ちあふれた内容となっています。

次ページパワハラリーダーのイメージが強いが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。