意外!織田信長の気遣いあふれる手紙の中身

信長に学ぶ相手の心をつかむ文章3ポイント

さらに、自分のこの手紙を秀吉にも読ませたらいい、と言い添えました。暗に、「私はそなたの味方だ」と信長は言っているわけです。主君の信長から言われたとあれば、秀吉も女道楽を当面は控えてくれるかもしれない……。信長が、家臣の妻である自分のことをここまで思ってくれた配慮に、おねは心から感激したでしょう。

これは、冒頭で紹介した、「相手の心をつかむ3要素」をすべて満たした手紙といえそうです。しかも、この手紙は「平仮名」で書かれています。当時の女性でも読めるように、と信長が配慮しているのです。署名も「のぶ」ですから、申し分なしといえるでしょう。

柴田勝家に送った「掟条々」

では次に、織田信長が筆頭家老である柴田勝家に対して送った「掟条々(おきてじょうじょう)」と呼ばれる文書を紹介しましょう。これは天正3(1575)年9月に、信長が勝家に送ったものです。本来、9カ条にわたりますが、その9カ条目を現代語訳したものが次の文章です。

「新しいことであっても、主君信長に従うべきだ。とはいえ、無理非法だと思ったことは、表面だけ取り繕って、従うまねをしてはいけない。理にかなっていることなら、私(信長)も聞き届けて、従いたい。とにかく、信長を崇敬して、陰口をたたいてはいけない。自分のほうに足を向けない心がけがあれば、侍として長く栄えるであろう」

このおきてが書かれたのは、越前・加賀の両国で手を焼いていた本願寺門徒を、織田家の北陸方面軍を率いた勝家が、ようやく掃討したタイミングでした。

合戦で最も戦功のあった勝家に、信長は越前八郡を与えました。のちの石高でいえば49万石(現在の年収に直すと約53億9000万円、以下同)です。彼に「与力」としてついていた前田利家、佐々成政、不破光治の3人にも恩賞が伝えられました。3人はおのおの、のちの石高でおよそ3万石(約3億3000万円)をもらいました。先ほどの手紙(掟)は、処遇の決まったあと、柴田勝家以下3人の与力に宛てたものです。

当時、勢力を拡大していた織田家の家臣は、新しい領土を獲得するたびに、新領主となった土地へ赴任しました。羽柴秀吉は近江長浜城に12万石(約13億2000万円)、明智光秀は丹波と近江に合わせて34万石(約37億4000万円)、丹羽長秀は若狭に8万5000石(約9億3500万円)、滝川一益は伊勢長島城主でおよそ10万石(約11億円)、といった具合に任じられました。

城と領地を任されたとはいえ、家臣たちに自治が許されていたわけではありません。「織田帝国」の一部として、統治を任されたわけです。だからこそ信長は、家臣たちをしっかり管理していました。その織田家の「統治マニュアル」ともいうべき文書が、先に紹介した「掟条々」なのです。現代風に言えば、織田グループの越前支社を任せた柴田勝家に対して、支社長としてのあり方を説いたものです。

次ページとはいえイエスマンでも困る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT