「イントゥ・ザ・スカイ」が描く19世紀の気球旅行

アマゾンスタジオ制作のアカデミー賞期待作

1月17日公開予定の映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は、気象学者ジェームズ・グレーシャーの実話をベースに、パワフルな映像、ストーリーで脚色した体感型アドベンチャー作品だ (東洋経済オンライン読者向け試写会への応募はこちら) ©2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

「僕たちは下を向いて、内面に目を向けさせられるような時代に生きている。でもこの映画は、上を向くことを夢見るような物語なんだ」――。

2014年の映画『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞を獲得した俳優エディ・レッドメインは、最新作『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』(2020年1月17日全国公開)についてそう語る。

1月10日(金)に独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

同作は、19世紀半ばに酸素ボンベなしで気球に乗って、高度1万メートル超での空の旅を成し遂げた気象学者ジェームズ・グレーシャーの実話をベースに、パワフルな映像、ストーリーで脚色した体感型アドベンチャー作品だ。

この気球の旅において、グレーシャーが上空でつけていた詳細な気象の記録が、後に現在の天気予報や、災害警報などに大きな影響を与えることとなる。

気象予報の礎となった気球の旅を映画化

そして本作のもう1人の主人公は、気球操縦士のアメリア・レン。2年前の気球飛行で夫を亡くし、生きる気力を失っていた彼女が、哀しみから立ち直るために再び気球に乗ることにチャレンジする。

アメリアは、女性初の気球飛行士であるソフィー・ブランシャールにインスパイアされたキャラクター。この勇気あふれる魅力的な女性を演じたフェリシティ・ジョーンズは「この映画における気球は希望の象徴だと思う。楽観主義と、どんなことも可能だという気分に満ちている作品なの」と本作を評する。

次ページ正反対の二人が主人公
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。