「ジョーカー俳優」実は最初出演を渋ったワケ

ホアキン・フェニックスの葛藤と役者魂

主役を演じる俳優のホアキン・フェニックスは、出演オファーを受けた際、「役を受けるかどうか」迷ったという。その理由とは?(写真:ⓒ2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ⓒ DC)

映画『ジョーカー』の勢いが止まらない。映画は先週末、北米で10月の公開2週目成績としては史上最高の5500万ドルを売り上げた。他国でも好調に売り上げを伸ばしており、世界興収は早くも5億5000万ドル弱に達している。

これは、ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスの個人記録。アカデミー賞候補入りもささやかれている今作が、フェニックスのキャリアにおける代表作となったのは、もはや疑いない。

最初は役を受けるか迷っていた

しかし、フェニックスは、このオファーを受けたとき、すぐに承諾してはいない。それどころか、相当に迷い、何度かトッド・フィリップス監督とミーティングを持った末に、決断を出している。「自分にできるかわからなかったし、このキャラクターをどう理解していいのかわからなかった」(フェニックス)のが、理由だ。

一方で、フィリップス監督にとって、主人公のアーサー役はホアキン・フェニックス以外にいなかった。特定の俳優をイメージして書くことは、その人がやってくれない場合を考えて避けたほうがいいのだが、彼はあえてそれをやっている。

「特定の人を思い浮かべずに書けるほど、僕はライター(脚本家)として優秀じゃないのでね」と、映画公開前の筆者とのインタビューで、フィリップス監督は、いかにもコメディ出身らしいユーモアを持って語った。

「第2候補は、いなかった。もしホアキンに断られたらどうするかは、考えなかったな。時間をかけて一生懸命書いたものを捨てたとは思わないけれども、さて、どうしただろう。ホアキンを選んだのは、恐れを知らない役者だからだ。彼は、中途半端なところで止まったりしない。そんな人に徹底的にやらせたら、どうなるのか。僕はそれを見てみたかった」

次ページホアキン・フェニックスの執念
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT