ジョニー・デップの評判が「ガタ落ち」な実情

はまり役のジャック・スパロウも降ろされた

俳優としてのキャリアも、プライベートも苦境に立たされているジョニー・デップは、再び日の目を見ることはあるのだろうか(写真:Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images)

ジョニー・デップが、苦境に立たされている。スキャンダルに悩まされ、ヒット作に恵まれない状態が続く中、ついに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの主役をはずされてしまったのだ。1作目のストーリーにたずさわった脚本家スチュアート・ビーティがイギリス紙「Daily Mail」に語ったところでは、ディズニーは新しい俳優でシリーズをリブートするつもりだそうである。

ディズニーから見捨てられたジョニー・デップ

1作目のときからデップは「この役は、これから何度でも演じていきたい」と、ジャック・スパロウへの愛を語っていた。ディズニーにとってもそれは大歓迎で、映画はこれまでに5本作られている。だが、興行成績は2作目『デッドマンズ・チェスト』をピークに毎回下がり、昨年の『最後の海賊』の北米興行成績は1億7200万ドルと、2億3000万ドルの予算をかけた大作にしてはがっかりの結果に終わった。

4作目と5作目の間にも6年空いているのだが、シリーズ最低の数字が出たのを見て、ディズニーは、この貴重なヒット作を今のまま続けるわけにはいかないと判断したようだ。

もちろん、デップを責めるのはフェアではない。基本的に、シリーズ物はいつか飽きられる運命にあるもの。だから、ジェームズ・ボンドにしろ、スパイダーマンにしろ、演じる俳優は代替わりしていくのである。

それに、そもそも1作目が大成功したのも、デップの功績が大きかったのだ。インディーズに出ている個性派だった彼が、ロックミュージシャンのキース・リチャーズから多くのインスピレーションを得て作り上げたこのキャラクターが、ディズニーランドのアトラクションをテーマにした映画で暴れ回るというのが、実に新鮮だったのである。

次ページ高額なギャラにもかかわらず、映画は不評
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT