ジョニー・デップの評判が「ガタ落ち」な実情

はまり役のジャック・スパロウも降ろされた

俳優としてのキャリアも、プライベートも苦境に立たされているジョニー・デップは、再び日の目を見ることはあるのだろうか(写真:Axelle/Bauer-Griffin/Getty Images)

ジョニー・デップが、苦境に立たされている。スキャンダルに悩まされ、ヒット作に恵まれない状態が続く中、ついに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの主役をはずされてしまったのだ。1作目のストーリーにたずさわった脚本家スチュアート・ビーティがイギリス紙「Daily Mail」に語ったところでは、ディズニーは新しい俳優でシリーズをリブートするつもりだそうである。

ディズニーから見捨てられたジョニー・デップ

1作目のときからデップは「この役は、これから何度でも演じていきたい」と、ジャック・スパロウへの愛を語っていた。ディズニーにとってもそれは大歓迎で、映画はこれまでに5本作られている。だが、興行成績は2作目『デッドマンズ・チェスト』をピークに毎回下がり、昨年の『最後の海賊』の北米興行成績は1億7200万ドルと、2億3000万ドルの予算をかけた大作にしてはがっかりの結果に終わった。

4作目と5作目の間にも6年空いているのだが、シリーズ最低の数字が出たのを見て、ディズニーは、この貴重なヒット作を今のまま続けるわけにはいかないと判断したようだ。

もちろん、デップを責めるのはフェアではない。基本的に、シリーズ物はいつか飽きられる運命にあるもの。だから、ジェームズ・ボンドにしろ、スパイダーマンにしろ、演じる俳優は代替わりしていくのである。

それに、そもそも1作目が大成功したのも、デップの功績が大きかったのだ。インディーズに出ている個性派だった彼が、ロックミュージシャンのキース・リチャーズから多くのインスピレーションを得て作り上げたこのキャラクターが、ディズニーランドのアトラクションをテーマにした映画で暴れ回るというのが、実に新鮮だったのである。

次ページ高額なギャラにもかかわらず、映画は不評
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT