ジョニー・デップの評判が「ガタ落ち」な実情

はまり役のジャック・スパロウも降ろされた

ビーティは、「彼は長い間よくやってくれた」「この役で彼はずっと人々の記憶に残るだろう」とも語った。まさにそのとおりだが、デップ本人にしてみたら、そうあっさり割り切れないはずである。

キャリアは下り坂、私生活でもボロボロに

2015年のトロント映画祭での記者会見で、デップは、「興行成績は、僕にとっても最も関心がないこと。この仕事を始めた19歳のときから、ずっとそうだ」と語っていた。それはおそらく本音だろう。だからこそ彼は、『シザーハンズ』『デッドマン』『ラスベガスをやっつけろ』など、ユニークな映画でキャリアを積んできたのだ。

その頃のデップは、有名ではあるがスターではなかった。2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が、彼の立ち位置を突然変えたのである。

ジャック・スパロウ役を機に一躍スターに(写真:The Mega Agency/アフロ)

ここまでのビッグスターになることを、本人は決して望んではいなかったのだが、そこからの6年ほどは、彼のキャリアの黄金時代となった。『チャーリーとチョコレート工場』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』『アリス・イン・ワンダーランド』などはいずれも大成功。毎回違うルックスになることは、デップのクリエイティビティを満たしてもくれている。

一方で、『ネバーランド』『パブリック・エネミーズ』などシリアスな映画では、演技力を証明した。この間に、彼は、3度のアカデミー賞候補入りを果たしている。『ツーリスト』だけはアメリカでこきおろされたものの、それくらいの失敗は可愛いものだ。

その間、彼のギャラもインディーズ時代よりずっと上がった。高いギャラをくれるのは、客を呼んでもらえると思われているからで、そこには新しい責任が加わる。なのに彼は、2012年以降、『ダーク・シャドウ』『ローン・レンジャー』『トランセンデンス』など、期待された主演作を、ことごとく失敗させてしまった。

ここ3年は、さらにひどい。6000万ドルをかけた『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2015)の北米興行成績はわずか700万ドル、1億7000万ドルをかけて製作された『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)も、たった7700万ドルで、大損だ。

カメオ出演だから一緒にするのはかわいそうではあるが、アンバー・ハード主演の『London Fields』は、訴訟問題で3年経った今ようやく公開された揚げ句、拡大公開作としてはアメリカで史上2番目に低いオープニング成績だった。さらに今年、北米公開予定だった『City of Lies』(製作中は『LAbyrinth』と呼ばれてきた)は公開中止になっている。とにかく、ひとことで言うなら、デップはスランプにはまってしまっているのだ。

そうやってキャリアが下り坂になっても、お金の使い方は変わらなかった。それがさらにイメージダウンという追いうちをかけることになる。

次ページジョニー・デップは復活できるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。