ハリウッド女優が熱中する怪しい商売の正体

グウィネス・パルトロウが映画に出ない理由

『ピープル』誌の「最も美しい人2013年版」に選ばれると同時に、『スター』誌では「最も嫌いなセレブ」1位に選ばれ話題を呼んだグウィネス・パルトロウ(写真:Laurent KOFFEL/Gamma-Rapho/Getty Images)

ハリウッド女優のグウィネス・パルトロウが、スクリーンからご無沙汰している。そう聞いて「そう言えばそうだなあ」と思うのは一定世代で、若い人は彼女がかつてトップ女優だったということすら、知らないのではないだろうか。

ここ10年くらいは、せいぜいマーベル映画の『アイアンマン』の恋人くらいしか演じていないのだから、それも当然だろう。だが、彼女は今も決して暇ではない。いや、むしろ、昔以上に忙しいくらいだ。彼女が手掛けるビジネス「Goop(グープ)」の成長が止まらないのである。

ナチュラルで洗練されたライフスタイルをうたい、美容やファッション関係の商品を販売してきたGoopは、この夏、アメリカのファニチャーブランドCB2とコラボレーションし、新たに家具のデザインにも進出した。

過去に「年収2万5000ドル(約280万円)の人の気持ちがわかるフリなんてできないわ」という発言をして攻撃された彼女らしく、カジュアルブランドとはいえ、ソファが5800ドル、いすが3300ドルもする。それらに手が出ない人のため、10ドル前後のコップやエッグスタンドを用意しているところも、なかなか賢い。

「良いものは、高いかもしれない。でも、お金がないからといって、それらにまるで手が届かないというわけではない」というパルトロウの信条と一貫してもいる。

「ただの趣味」がビジネスに急成長

ハリウッドには昔から、「女優はオスカーを取ると、その後キャリアが落ちる」という、根拠がなくはない説がある。パルトロウは1998年の映画『恋におちたシェイクスピア』でオスカー主演女優賞に輝いているのだが、彼女の場合は、女優として仕事が来なくなったからGoopを始めたわけではない。

1990年代半ば、主にハーベイ・ワインスタイン(映画プロデユーサー。「#MeToo」問題の発端でもある)率いるミラマックスの映画で注目されたパルトロウは、ファッションセンスのよさや、ブラッド・ピットと婚約したことなどで、女性たちからあこがれのまなざしで見られる存在だった。トレンドセッターとしてはトップを行くマドンナとつるんでいたことも輪をかけ、彼女がお気に入りと呼ぶものは、次々話題になっている。そんな彼女が、ミュージシャンのクリス・マーティンと結婚して、妻、母という肩書を得た後、趣味で始めたのが、ニュースレターのGoopだった。

次ページ動機は「金儲け」じゃなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。