ハリウッド女優が熱中する怪しい商売の正体

グウィネス・パルトロウが映画に出ない理由

『ピープル』誌の「最も美しい人2013年版」に選ばれると同時に、『スター』誌では「最も嫌いなセレブ」1位に選ばれ話題を呼んだグウィネス・パルトロウ(写真:Laurent KOFFEL/Gamma-Rapho/Getty Images)

ハリウッド女優のグウィネス・パルトロウが、スクリーンからご無沙汰している。そう聞いて「そう言えばそうだなあ」と思うのは一定世代で、若い人は彼女がかつてトップ女優だったということすら、知らないのではないだろうか。

ここ10年くらいは、せいぜいマーベル映画の『アイアンマン』の恋人くらいしか演じていないのだから、それも当然だろう。だが、彼女は今も決して暇ではない。いや、むしろ、昔以上に忙しいくらいだ。彼女が手掛けるビジネス「Goop(グープ)」の成長が止まらないのである。

ナチュラルで洗練されたライフスタイルをうたい、美容やファッション関係の商品を販売してきたGoopは、この夏、アメリカのファニチャーブランドCB2とコラボレーションし、新たに家具のデザインにも進出した。

過去に「年収2万5000ドル(約280万円)の人の気持ちがわかるフリなんてできないわ」という発言をして攻撃された彼女らしく、カジュアルブランドとはいえ、ソファが5800ドル、いすが3300ドルもする。それらに手が出ない人のため、10ドル前後のコップやエッグスタンドを用意しているところも、なかなか賢い。

「良いものは、高いかもしれない。でも、お金がないからといって、それらにまるで手が届かないというわけではない」というパルトロウの信条と一貫してもいる。

「ただの趣味」がビジネスに急成長

ハリウッドには昔から、「女優はオスカーを取ると、その後キャリアが落ちる」という、根拠がなくはない説がある。パルトロウは1998年の映画『恋におちたシェイクスピア』でオスカー主演女優賞に輝いているのだが、彼女の場合は、女優として仕事が来なくなったからGoopを始めたわけではない。

1990年代半ば、主にハーベイ・ワインスタイン(映画プロデユーサー。「#MeToo」問題の発端でもある)率いるミラマックスの映画で注目されたパルトロウは、ファッションセンスのよさや、ブラッド・ピットと婚約したことなどで、女性たちからあこがれのまなざしで見られる存在だった。トレンドセッターとしてはトップを行くマドンナとつるんでいたことも輪をかけ、彼女がお気に入りと呼ぶものは、次々話題になっている。そんな彼女が、ミュージシャンのクリス・マーティンと結婚して、妻、母という肩書を得た後、趣味で始めたのが、ニュースレターのGoopだった。

次ページ動機は「金儲け」じゃなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT