「美肌」に最も効果的なあまりに地味な方法

肌の状態を左右するのはやはり腸だった

美肌をつくる最善の方法は何でしょうか(写真:AJ_Watt/iStock)

ニュージャージー州に住むダニエル・フレミング(43)が、あごのニキビに悩むようになったのは3年前のこと。「へんな汚い吹き出物だった」。何かの薬品が刺激になったのかもしれないと、洗濯用洗剤からヘアスプレーまで、考えつくあらゆるものを変えてみた。それでも改善する兆しはない。

ついにフレミングは、皮膚科の門を叩いた。ニキビ治療薬「アキュテイン(Accutane)」を処方してもらうか、レーザー治療で治らないかと思ったのだ。ところがニューヨークの皮膚科医ホイットニー・ボウが「処方」したのは、食生活のアドバイスだった。

新しい食事法で肌に変化が

それでも、ボウの提案する「腸内環境改善食」をきちんと守れるようになるには2年かかった。なにしろフレミングは、自他ともに認める砂糖中毒。人工甘味料入りのヨーグルトやキャンディも大好きで、なかなかやめることができなかった。それに最初は、ボウの食事法を自分の生活に適当に取り入れればいい、くらいにしか考えていなかった。

ボウは著書『汚い肌の美(The Beauty of Dirty Skin)』で、この食事法を詳しく説明している。基本的には、低血糖指数食(低GI食)と発酵食品を組み合わせた食事で、数兆個存在する腸内微生物の状態を改善して、炎症など肌のトラブルを抑えようというのだ。

ついにボウの食事法を全面的に取り入れたフレミングは、「それ以来、肌のトラブルはなくなった」と言う。「みんなに、『すごく肌がきれいになったけど、何を使ったの?』とよく聞かれるようになった」。

腸内微生物の状態を改善すると、健康上さまざまなプラスがあるとされる。癌や脳卒中、肥満が減るという研究もある。そして最近のスキンケア製品も、「輝くお肌」のカギとして腸内のコンディションに注目するものが増えている。

次ページ「プロバイオティクス」商品が次々登場
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。