「美肌」に最も効果的なあまりに地味な方法

肌の状態を左右するのはやはり腸だった

美肌をつくる最善の方法は何でしょうか(写真:AJ_Watt/iStock)

ニュージャージー州に住むダニエル・フレミング(43)が、あごのニキビに悩むようになったのは3年前のこと。「へんな汚い吹き出物だった」。何かの薬品が刺激になったのかもしれないと、洗濯用洗剤からヘアスプレーまで、考えつくあらゆるものを変えてみた。それでも改善する兆しはない。

ついにフレミングは、皮膚科の門を叩いた。ニキビ治療薬「アキュテイン(Accutane)」を処方してもらうか、レーザー治療で治らないかと思ったのだ。ところがニューヨークの皮膚科医ホイットニー・ボウが「処方」したのは、食生活のアドバイスだった。

新しい食事法で肌に変化が

それでも、ボウの提案する「腸内環境改善食」をきちんと守れるようになるには2年かかった。なにしろフレミングは、自他ともに認める砂糖中毒。人工甘味料入りのヨーグルトやキャンディも大好きで、なかなかやめることができなかった。それに最初は、ボウの食事法を自分の生活に適当に取り入れればいい、くらいにしか考えていなかった。

ボウは著書『汚い肌の美(The Beauty of Dirty Skin)』で、この食事法を詳しく説明している。基本的には、低血糖指数食(低GI食)と発酵食品を組み合わせた食事で、数兆個存在する腸内微生物の状態を改善して、炎症など肌のトラブルを抑えようというのだ。

ついにボウの食事法を全面的に取り入れたフレミングは、「それ以来、肌のトラブルはなくなった」と言う。「みんなに、『すごく肌がきれいになったけど、何を使ったの?』とよく聞かれるようになった」。

腸内微生物の状態を改善すると、健康上さまざまなプラスがあるとされる。癌や脳卒中、肥満が減るという研究もある。そして最近のスキンケア製品も、「輝くお肌」のカギとして腸内のコンディションに注目するものが増えている。

次ページ「プロバイオティクス」商品が次々登場
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT