残念!話題の「バターコーヒー」は健康に悪い

「エセ健康情報」に騙されないための基礎知識

「正しい情報がないために、知らず知らずのうちに病気に近づくような食生活を積み重ねてしまう不幸な人を1人でも減らしたい」と語る津川友介氏(写真:著者提供)
バターコーヒー、グルテンフリーなど、めまぐるしく流行の食事法は変わっていく。しかし、「最新の食事法」は本当に正しい情報なのだろうか。
さまざまな食材をエビデンスベースで5グループに分類し、「体に良い食品」と「体に悪い食品」を明らかにし、発売10日で10万部突破したベストセラー『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』を上梓したUCLA助教授の津川友介氏に、本当に正しい健康情報の探し方を聞いた。

もっと早く、正しい食事の話が聞きたかった

――健康情報を発信するようになったきっかけを教えてください。

患者さんに食事指導をしたときに「もっと早くに先生の食事の話が聞きたかったよ」と言われたことが原点です。その患者さんに10年前に会い食生活を改善してもらえていたら、もしかするとこの患者さんは病気で苦しまずに済んだのではないか、と思いました。

その患者さんもそうだったように、食事指導が必要なのに、毎日ジャンクフードを食べているような患者さんは多くありません。ただ、一般の方が思い描いている「健康に良さそうな食事」と、科学的に証明されている「健康に良い食事」は違うのです。

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』は、発売10日で10万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

たとえば、健康のためにと白いご飯を中心とした和食を食べる人や、果汁100%ジュースを飲む人もいます。しかし残念ながら、白米も果汁100%ジュースも体に悪いことが研究からわかっています。

こうした科学的に証明された正しい情報を知らないために、知らず知らずのうちに病気に近づくような食生活を積み重ねてしまう人を1人でも減らしたいというのが、本書の最大の執筆動機です。

また、日本では頻繁に健康情報をテレビで取り上げているのに、個人の体験談やネズミの実験でしか確認されていないもの(ネズミで認められた結果が人間でも認められる可能性はそれほど高くない)など、質の良くない情報があふれています。そうした質の悪い情報を排し、膨大な研究結果から「病気になりにくい」食事法を簡潔にまとめれば、多くの方の役に立つと考えました。

次ページ「エビデンスがある」と「エビデンスが強い」は違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。