全米が「M・ジャクソン告発映画」に驚愕するワケ

憧れのスターに「性的虐待」受けた男性の告白

2009年6月に亡くなった世界的人気歌手のマイケル・ジャクソン。2人の男性がドキュメンタリー映画で彼から受けた被害を赤裸々に語った(写真:共同通信社)

ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの長年にわたるセクハラが暴露されて、およそ1年半。「#MeToo」運動は、落ち着くどころか、さらに膨らんでいっている。これまでは主に女性の被害について語られてきたが、プレミアムケーブルチャンネルHBOがアメリカで3月3日から4日にわたって放映したドキュメンタリー映画「Leaving Neverland」では、子ども、それも男の子に対する性的虐待に焦点を当てた。

トータルで4時間に及ぶこのドキュメンタリーで、加害者とされるのは、2009年6月に亡くなった世界的人気歌手のマイケル・ジャクソンだ。映画は、子ども時代、数年にわたってマイケルから被害を受けたとする男性2人とその家族が、個々に自分の体験を告白する形で展開する。1人はオーストラリア出身のウェイド・ロブソン。もう1人は、ロサンゼルス郊外シミ・ヴァレー出身のジェームズ・セーフチャックだ。

ロブソンがマイケルに出会った経緯

ロブソンがマイケルに会ったのは、5歳の時。彼の大ファンで、テレビを見てはダンスをまねて踊っていたロブソンは、地元で開かれたコンテストに出場して大人たちを感心させ、マイケルがオーストラリアにツアーに来たとき、一緒にステージで踊らせてもらえることになる。それからしばらくして、ロブソン一家が旅行でロサンゼルスにやってくると、マイケルは彼らを大歓迎。そこから親密な関係が始まり、後に家族は彼を当てにしてロサンゼルスに引っ越しまでした。

一方で、子役として活躍していたセーフチャックは、コマーシャル共演でマイケルと知り合う。彼はとくにファンではなかったが、自分のことを特別だと言い、実際にそう扱ってくれるこのスーパースターに、すぐに心を開いた。ごく平凡なこの中流家庭を、マイケルは頻繁に訪れ、セーフチャックの母は彼をわが子のようにまで思っていたという。

やがてマイケルがサンタバーバラ郡に広大な土地を購入し、「ネバーランド」と呼ばれるおとぎの国のような場所を作り上げると、ロブソンとセーフチャックの家族は常連となった。遊園地にあるような乗り物や、猿や馬、トラなど動物園に行かないと見られないような動物、お金を払わなくていい売店が設置された映画館など、何でも備えた敷地内には、当然、お客様用の立派な家があったのだが、マイケルは、ロブソンとセーフチャックの家族にうまく話し、少年だけを自分の寝室に泊まらせるようにする。そこで起こったことを告白する2人の証言は非常に具体的で、衝撃的だ。

次ページマイケルから子どもへの性的虐待
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。