「ジョーカー俳優」実は最初出演を渋ったワケ

ホアキン・フェニックスの葛藤と役者魂

印象に残るシーンのいくつかも、そんな中から生まれた。アーサーのダンスは、そのひとつだ。

「バスルームで彼がダンスをするシーンは、脚本になかったものだ。階段のシーンも、『頭の中で音楽が流れる中、踊るように階段を降りる』とあっただけ。それを読んでホアキンが、『どんな音楽?』と聞いてきて、僕らは話し合った。僕は彼に、アーサーは社会からのけものにされている、要領の悪い人だけれども、音楽への愛に満ちた人だとよく言った。そういうところから来ているんだよ」(フィリップス監督)

ダンスに関しては結果的に振付師の助けももらったが、「基本的には、多くの動きは事前に決められていたのではなく、現場で生まれている」と、フェニックスは語る。彼がピエロのメイクを自分でやろうと試みたこともあった。

だが、「自分でやったメイクを写真に撮ってトッドに見せたところ、『やはりプロのメイクさんにお願いしよう』と言われた」(フェニックス)そうだ。

「彼女は優秀だった。でも、何か違うとも感じたんだよね。自分でメイクの練習をしていたとき、顔を白塗りだけした段階で撮った写真があったんだが、僕はそこに何か不気味で、怖いものを感じていたんだ。それで、トッドに、1シーンだけこの状態でやってみたいと言ってみたのさ」(フェニックス)。それが、最後のほうに出てくる、彼のアパートでの衝撃的シーンだ。

唯一「他人任せにした」シーン

そんな彼も、あるひとつのことに関しては、他人任せにしている。スタントだ。ピエロ姿の彼がタクシーにぶつかったり、殴られたりするシーンは、すべてスタントマン。これらも最初は全部自分でやると意気込んでいたのだが、ゴミ箱のまわりで何かを蹴るシーンをやったところ、早速ケガをして、その日の彼の撮影は、そこでおしまいになってしまったのである。

「それ以後は、たとえ1ブロックだけ走るシーンでも、他人にやってもらったよ」と、恥ずかしそうにフェニックスは告白した。いくら完璧主義でも、人間は人間。それくらいの隙は、自分でも許してあげようではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。