「群馬県」が映画撮影ロケ地に選ばれやすい背景

映画「影踏み」は地元協力得てオール県内撮影

山崎まさよし主演の映画『影踏み』は、「オール群馬ロケ」の作品でもある (©2019 「影踏み」製作委員会)

【2019年11月17日10時10分追記】初出時からメインタイトルの一部表現を見直しました。

『月とキャベツ』の山崎まさよし×篠原哲雄監督が今度は「ハードボイルドにしてハートウォーミング」という新境地を拓いた。同じ群馬県を舞台にした、映画『影踏み』が11月15日、全国公開した。

原作は群馬県在住の横山秀夫が手掛けた同名の小説作品。『半落ち』『64-ロクヨン-』『クライマーズ・ハイ』など、大部分の作品が映画化・ドラマ化されている横山作品だが、その中でも特異な小説技法ゆえに長らく映像化できないとされてきた作品がこの『影踏み』だった。

同作の製作委員会として、バップ、東京テアトル、日活、ユニバーサルミュージック、デジタルメディアラボ、オフィスオーガスタ、TBSラジオ、上毛新聞社、日販、祥伝社など、業種を問わず幅広い業種の会社が参加する中、「伊参(いさま)スタジオ映画祭」実行委員会の名前もクレジットされている。

影踏みのきっかけは「伊参スタジオ映画祭」

本作の企画が立ち上がるきっかけになったのは『月とキャベツ』の聖地としてファンに愛される「伊参スタジオ映画祭」だった。

同映画祭の発起人であり、『月とキャベツ』『影踏み』を手がけた松岡周作プロデューサーは「実は横山先生が2013年から3年間、『伊参スタジオ映画祭』シナリオコンクールの審査員をやってくれたことがあって、それから先生とのご縁が出来たんです」と振り返る。

1996年12月にテアトル新宿で公開された『月とキャベツ』は、俳優としても活動するミュージシャン、山崎まさよしの初主演映画。

次ページ映画祭で意気投合
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。