第2回 優れたパフォーマンスを発揮できる思考とテクニック

変化に強いメンタルを作る法

前回の投稿で、ジダン選手が相手選手から突然挑発されたことに対し、思わず反射的に頭突きをして退場処分になった事例をあげた。
 スポーツでは、予期せぬ状況への対応能力が求められる。
 想定していなかったことが起きたからといって、そのたびにイライラしていたのでは、試合どころではない。
 不測事象対応能力を強化するためのアンガーマネジメント・テクニックに「ブレイクパターン」がある。
 これは、いつも自分が怒るパターンを変えるトレーニング法で、「パターン壊し」という別称がついている。

人は、自分で決めていた「ルール」が守られないと、イライラしてくるものだ。
ジダン選手の心には、もしかすると「アスリートたるもの紳士的であれ」といったルールや「こだわり」があったのかもしれない。
 「自分ルールや」や「こだわり」が、目の前(耳元で)裏切られたことにより、怒りに支配されてしまうことは多い。
 日常生活においては、「いつもの電車に乗れなかった」、「愛用する商品が在庫切れだった」、「普段は空いている道が今日に限って渋滞中だ」……こうしたことで人はイライラしてくるものだ。
 しかし、イライラしたところで、状況は一向に変わらない。
 「ブレイクパターン」によるトレーニングを重ねれば、負のサイクルに陥らない柔軟性や洞察力が身についてくる。

トレーニングのポイントは、普段の生活の中で、「Do One Thing Different(いつもと違うことを1つする)」だ。
 例えば、「いつもと違う歯磨き粉を使ってみる」、「いつもと違う道順で職場へ行く」、「いつも苦手と感じる人に積極的に挨拶する」といったことを実践し、自分の気持ちの変化や、周囲の反応などを確認しておくのだ。
 固まった行動を少し変えてみることが、自分の意識を変えるきっかけになるときがある。

次ページ「深呼吸」しながら「6秒」待つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。