イチローが最後に語った「後悔しない」生き方

「自分の限界」を超え続けた28年間の野球人生

引退試合後、場内を1周してファンにあいさつするイチロー選手(写真:時事通信)
「イチロー!」「ありがとう!」「お疲れさま!」
 2019年3月21日、シアトル・マリナーズのイチロー選手の引退試合。国民的英雄の引退を惜しみ、東京ドーム場内では歓声がやまず、試合後もウェーブやイチローコールが続きました。最後、それに応えたイチロー選手は、球場を1周してファンたちに手を振り、無言のあいさつを交わします。この前代未聞かつ感動的な光景は、彼らの胸に残り続けることでしょう。
 この直後、引退会見で発した一言「後悔など、あろうはずがありません」は、今年の新語・流行語大賞の候補にもなっています。イチロー選手語録のシリーズ最終作『永遠に刻みたい イチロー262のメッセージ』から、引退会見での言葉を抜粋・再構成してお届けします。28年間の野球人生を振り返る彼の言葉から、私たちは何を学べるでしょうか。

「後悔など、あろうはずがありません」

――引退について、後悔や思い残したことはないですか。

今日の球場での出来事、あんなものを見せられたら、後悔など、あろうはずがありません。

結果を出すために、人より頑張ったとは言えません。でも、自分なりに頑張ってきたとは言えます。これを重ねることでしか、後悔を生まない、ということはできないのではないか、と思います。

この後時間が経ったとき、今日のことが、真っ先に浮かぶことは間違いないと思います。いろいろな記録に立ち向かってきましたが、そんなものは、大したことでありません。

 ――ファンの存在は、イチロー選手にとってどんな存在でしたか。

ゲーム後に、あんなことが起こるとはとても想像していなかったです。

なかなか日本のファンの方の熱量を感じることは難しいんですね。なんとなく印象として、日本の方は表現することが苦手という印象があったんですけど、久々に東京ドームに来て、完全に覆りましたね。

次ページイチローにとって、特別な日々があった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT