親が考える以上に、子供は頑張っている

子供はいつか、親なしで生きていくもの

親が考える以上に子供は頑張っています

別の知人の子はロスでバイト生活を続け、大卒なのに定職でないと親を心配させています。今はマニラで旅行会社のバイトをして、やはり不安定。親の心配は尽きず、帰国して定職に就くように促し、本人もそれを望んでいるようですが、今のところ、うまくいっていません。

ある青年は日本の国立大学院を出て、アメリカでまた大学院生活を5年送りました。帰国して大学の教員を目指していますが、数年たった今年でさえ、週に1コマか2コマしか担当させてもらえず、アパートの家賃すら稼げないそうです。

いずれの若い人もたくさん勉強し、決して怠け者ではありません。ある価値観から見れば、彼らの一時期はとても怠けているようにみえたり、不遇であるかのように映りますが、見方を変えれば、買ってでもしなければならない苦労の体験中なのかもしれません。

人生は縁と運と努力とタイミング! 親が心配したり、本人が望むだけで決まるものではなく、本人がいちばんもがき、苦しみ、模索し、夢を抱き、頑張っているはずです。

エールを送る気持ちで、信じて放っておきましょう

繰り返しになりますが、生半可な気持ちで異国で長く暮らせるものではありません。親がわからない相当な努力をされ、苦労を経験し、夢を捨てず、頑張っておられるのは想像にかたくありません。

世界の“こんなところまで?”と思われる不便なところで、生き生きと暮らす日本人の、興味深いテレビ番組がありますね。それ以外にも、海外で、その場所でひそかに花が咲くように、それでいて本人はとても幸せと感じるさまざまな生き方を知る機会が増えています。このような世界を知ることは、私たちが子供を理解するうえでとても役に立つと思われます

過去の当コラム、「千尋の谷へ突き落としてこそ、子は成長する:厳しくない愛は愛ではない」で触れましたが、厳しい愛情を持って子供に自立を促す時期もとうに過ぎています。ましてあなたの場合は、子供さんのほうから自立し、頑張っておられます。

私たちの価値観や変化を不安視する安定志向で、子供の足を引っ張る権利は親といえどもありません。

愛情を持って、信じて放っておきましょう!

※ ミセス・パンプキンへの相談はこちら

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT