子どもの「読解力」を一気に上げる親の声かけ

目の前の文章を理解して解かせるには

このような構造を理解せずに、やみくもに文章を読んで、やみくもに問いに答えるから間違えてしまうのです。それでも時々は正解しますが、時々当たる程度の確率でしかありません。気持ちの読みとり方を知り、しっかり得点につなげていきましょう。

お母さんが泣いているときの気持ちは?

お子さんが「気持ちの読みとり」をどのくらい理解できているか、ご家庭で簡単に確かめる方法があります。こんな具体例をあげて、聞いてみてください。

「台所の隅でお母さんが泣いていました。そのときのお母さんの気持ちは?」

お母さんが台所の隅で泣いているのは、表情、様子なので「反応」。そのときのお母さんはどんな「気持ち」か。ほとんどの子は、「悲しい気持ち」と答えます。理由は、「泣いているから悲しい」と。

でも、本当にそうでしょうか?

例えば、「子どもが中学受験に合格した」という出来事があって泣いていたとしたら、それは「うれしい」気持ちからくるうれし泣きですよね。では、もしお父さんとけんかをして泣いているのだとしたら、それは「悲しい」気持ちですよね。

「出来事によって、気持ちは変わるんだよ」

(出典:金子香代子『最速の国語読解力』より)

「出来事と気持ちのつながりを発見して、気持ちは読みとるんだよ」とお子さんに意識させましょう。反射的に「悲しい」と答えるかもしれませんが、1回転ばせたうえで、「じゃあさ、出来事がこうだったら?」というやり取りをご家庭でしてみてください。

次ページ付箋ワークがお勧め
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 就職四季報プラスワン
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT