子どもの「読解力」を一気に上げる親の声かけ

目の前の文章を理解して解かせるには

「でも私はその物語を読んでいないし、正解がわからないのに、なんのためになるのですか?」と思われた親御さん、これは子どもに正解を言わせるものではありません。

物語を読みとるための「型」づくりのお手伝いをしてほしいのです。

この声かけを繰り返していくうちに、「物語文はこういう型を使って読むんだな」と子どもはだんだん理解します。物語文の活字をただ追うだけの漠然とした読み方から抜けだし、物語文の読み方に変化が見られるようになります。

子どもたちが苦手とする「気持ちの読みとり」

ここからは、中学入試頻出であり、物語文の中でも子どもたちが苦手とする「気持ちの読みとり」について詳しくお話ししていきます。「中学受験の国語は、気持ちの読みとりがすべて」と言い切る先生もいます。

「気持ちの読みとり」について、子どもたちにこんな質問を投げかけます。「もし、先生が突然髪の毛を逆立てて、テキストを引き裂いて、怒鳴り声を上げたら、どう思う?」。

すると、子どもたちはその様子を想像してゲラゲラ笑います。

「この先生、頭がおかしいと思う」

「だいじょうぶかなと心配になる」

と口々に答えます。次に、

「もしAくんが先生に筆箱をぶつけて、それで先生が怒りだしたら?」

と聞くと、「それは怒って当然」と今度は納得の表情です。

「筆箱をぶつけられたら仕方ないよ」

と答えます。さらに、

「では、人が突然怒りだしたら変だと思って、筆箱をぶつけられて怒りだしたら仕方がないと思うのはなぜ?」

と聞くと、子どもたちは「なぜだ? なぜだ?」と首をかしげます。すると、クラスには必ず気がつく子がいるもので、

「わかった! 理由だ! 怒りだす理由があるからだ」

 と答えます。そうです。

「理由」があれば、人が怒っても周りは納得するのです。

次ページ現実世界も物語の世界も同じ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT