子どもの「読解力」を一気に上げる親の声かけ

目の前の文章を理解して解かせるには

「でも私はその物語を読んでいないし、正解がわからないのに、なんのためになるのですか?」と思われた親御さん、これは子どもに正解を言わせるものではありません。

物語を読みとるための「型」づくりのお手伝いをしてほしいのです。

この声かけを繰り返していくうちに、「物語文はこういう型を使って読むんだな」と子どもはだんだん理解します。物語文の活字をただ追うだけの漠然とした読み方から抜けだし、物語文の読み方に変化が見られるようになります。

子どもたちが苦手とする「気持ちの読みとり」

ここからは、中学入試頻出であり、物語文の中でも子どもたちが苦手とする「気持ちの読みとり」について詳しくお話ししていきます。「中学受験の国語は、気持ちの読みとりがすべて」と言い切る先生もいます。

「気持ちの読みとり」について、子どもたちにこんな質問を投げかけます。「もし、先生が突然髪の毛を逆立てて、テキストを引き裂いて、怒鳴り声を上げたら、どう思う?」。

すると、子どもたちはその様子を想像してゲラゲラ笑います。

「この先生、頭がおかしいと思う」

「だいじょうぶかなと心配になる」

と口々に答えます。次に、

「もしAくんが先生に筆箱をぶつけて、それで先生が怒りだしたら?」

と聞くと、「それは怒って当然」と今度は納得の表情です。

「筆箱をぶつけられたら仕方ないよ」

と答えます。さらに、

「では、人が突然怒りだしたら変だと思って、筆箱をぶつけられて怒りだしたら仕方がないと思うのはなぜ?」

と聞くと、子どもたちは「なぜだ? なぜだ?」と首をかしげます。すると、クラスには必ず気がつく子がいるもので、

「わかった! 理由だ! 怒りだす理由があるからだ」

 と答えます。そうです。

「理由」があれば、人が怒っても周りは納得するのです。

次ページ現実世界も物語の世界も同じ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT