レイザーラモンRG「スベり芸人」脱却できた理由

リーチ・マイケル選手のものまねで一躍注目

それまでは「ハードゲイ」のキャラクターで一世を風靡した相方のレイザーラモンHGにおんぶに抱っこというイメージがあったのだが、このネタ以降、RGは芸人として完全に独り立ちを果たした。今ではレイザーラモンというコンビにも欠かせない存在となっている。

さらに、RGは「ものまね」と「あるある」という2つの武器を組み合わせて用いることもある。リーチ・マイケル選手を演じながらラグビーのあるあるネタを披露したりすることができるのだ。強力な技をかけ合わせることで威力はさらに倍増する。「ものまね」と「あるある」もそれ自体としては昔からあったものだが、それを独特の芸に昇華させて、両方を組みわせることまでできたのはRGだけだ。

「逆境あるある」の体現者

HGがハードゲイのキャラで大ブレークしていた頃、相方のRGは置き去りにされていた。HGに対抗するために、同じようなレザーの衣装を身にまとってRG(リアルゲイ)を名乗り始めた。このときの彼は「相方のキャラに安易に乗っかるやつ」というキャラをあえて演じていたのだが、世間にはそれがなかなか伝わらなかった。むしろ、安直な考えの薄っぺらい芸人だという烙印を押され、スベリキャラとして忌み嫌われていた。

だが、RGはそのどん底から見事にはい上がった。彼を救ったのは「ものまね」と「あるある」という2つの武器だ。彼自身が言っていた「逆境あるある」として「人間を成長させがち」というのがある。逆境を乗り越えて唯一無二の芸を確立したRGは、まさに「逆境あるある」の体現者なのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。