自分で会社を起こせない人がためらう条件4選

リスクを考えれば零細企業で苦労しなくとも

起業家を美化してしまっていないだろうか(写真:thawornnrurak/PIXTA)

『ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦略』(スコット・ギャロウェイ 著、渡会圭子 訳、東洋経済新報社)は、世界的なベストセラー記録を樹立した『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(以下『GAFA』)のギャロウェイ氏による最新作。

といっても、『GAFA』の続編のようなテイストを備えているわけではない。2002年にニューヨーク大学経営大学院の教員となったギャロウェイ氏が、5000人の学生に向けて行ったブランド戦略の講義を書籍化したものである。

ブランド戦略にとどまらない講義内容

しかし授業では、話がブランド戦略から「人生の戦略」に変わっていることがよくあるのだという。ポイントはそこにある。

「成功するためには何をすべきか」

「どうすれば、野心と人としての成長の折り合いをつけられるのか」

「40歳、50歳、80歳になったとき後悔しないように、いま何をすべきなのか」

例えばこうした問題について、ギャロウェイ氏は最後の3時間の講義で扱っているという。それが、本書の根幹にもなっているのである。

講義のタイトルは「アルジェブラ・オブ・ハピネス(幸福の計算式)」である。
その講義で、私たちは成功、愛、そしてよい人生の定義について話し合う。
2018年5月、私はその講義の短縮版をYouTubeに投稿した。その動画は公開10日で100万人以上が視聴した。私は編集担当者から『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の続編を書くようせっつかれていた。しかし私は、2作目はこの講義について詳細に書くと編集者に伝え、彼女をパニックにおとしいれた。(「はじめに ニューヨーク大学人気講義[ハピネス]」より)

そのため、語られている内容は「幸福」「成功」「愛」「健康」と極めて広範囲だ。例えば第2講「成功の講義――格差が広がる世界で金を手にする」の中では、15項目におよぶ“Lecture of Success(成功の講義)”を展開している。

次ページ「起業家に必要な4条件」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT