第6回 契約日に注意!(最終回)

香港の伝統的風水である「玄空飛星派風水(げんくうひせいはふうすい)」の真髄を学んだ筆者が、ビジネスや経営に役立つ風水の知恵を6回に分けてお伝えしましょう。今回が最終回です。

「悪い日」はこれで避ける

風水では方位を見ることだけでなく、「日選び」という吉日選びの技術を使います。吉日を選んで使うことにより、日々の活動が円滑に運ぶなどの効果を得ることができるのです。
 例えば、交渉や契約を最適な日時にすることによって、スムーズに契約ができ、その契約が後々によい結果をもたらすようになります。
 逆に、悪い日にしてしまうと、後々トラブルが生じたり、最悪の場合は契約破棄につながることもあるのです。

では、どのような日や時間を使えばいいのでしょうか?
 吉日選びにおいて最も大切なことは、悪い日を使わないことです。悪い日の中でも最も注意すべき日が「大耗(だいもう)」と呼ばれる日になります。
 「大耗」は、すべての人にとって悪い日ではありません。
 生まれ年の十二支によるものなので、日によってお金や時間、エネルギーの損失が起こりますし、健康や仕事にも損失が起こり得るのです。

では、大耗日とはどのようにみればよいのでしょうか? 以下をご覧ください。
【大耗日】
子⇔午
丑⇔未
寅⇔申
卯⇔酉
辰⇔戌
巳⇔亥

例えば、子年生まれの人は、午の日が大耗日になります。また、戌年生まれの人は、辰の日が大耗日になります。
 毎日の十二支が書かれているカレンダーなどを用意しましょう。例えば、2012年12月24日は未の日になります。
 つまり、丑年生まれの人にとって大耗日となり、丑年生まれの人は、契約や新規オープンなど重要なイベントにあてることを避けるべき日となります。
 この大耗日に注意しつつ、日々の仕事に励んでいただきたいと思います。

次ページ2013年の風水で運気を上げる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。