第6回 契約日に注意!(最終回)

香港の伝統的風水である「玄空飛星派風水(げんくうひせいはふうすい)」の真髄を学んだ筆者が、ビジネスや経営に役立つ風水の知恵を6回に分けてお伝えしましょう。今回が最終回です。

「悪い日」はこれで避ける

風水では方位を見ることだけでなく、「日選び」という吉日選びの技術を使います。吉日を選んで使うことにより、日々の活動が円滑に運ぶなどの効果を得ることができるのです。
 例えば、交渉や契約を最適な日時にすることによって、スムーズに契約ができ、その契約が後々によい結果をもたらすようになります。
 逆に、悪い日にしてしまうと、後々トラブルが生じたり、最悪の場合は契約破棄につながることもあるのです。

では、どのような日や時間を使えばいいのでしょうか?
 吉日選びにおいて最も大切なことは、悪い日を使わないことです。悪い日の中でも最も注意すべき日が「大耗(だいもう)」と呼ばれる日になります。
 「大耗」は、すべての人にとって悪い日ではありません。
 生まれ年の十二支によるものなので、日によってお金や時間、エネルギーの損失が起こりますし、健康や仕事にも損失が起こり得るのです。

では、大耗日とはどのようにみればよいのでしょうか? 以下をご覧ください。
【大耗日】
子⇔午
丑⇔未
寅⇔申
卯⇔酉
辰⇔戌
巳⇔亥

例えば、子年生まれの人は、午の日が大耗日になります。また、戌年生まれの人は、辰の日が大耗日になります。
 毎日の十二支が書かれているカレンダーなどを用意しましょう。例えば、2012年12月24日は未の日になります。
 つまり、丑年生まれの人にとって大耗日となり、丑年生まれの人は、契約や新規オープンなど重要なイベントにあてることを避けるべき日となります。
 この大耗日に注意しつつ、日々の仕事に励んでいただきたいと思います。

次ページ2013年の風水で運気を上げる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。