第1回 絶対に成功する商談時の座り方

売上が伸びない、利益が出ない、商談がまとまらない……不安で苦しい思いをされている経営者、ビジネスパースンは多いのではないでしょうか。
 そのような方々にお伝えしたいのが風水の知恵。
 香港の伝統的風水である「玄空飛星派風水(げんくうひせいはふうすい)」の真髄を学んだ筆者が、ビジネスや経営に役立つ風水の知恵を6回に分けてお伝えしましょう。

座席で商談の勝敗が決する?!

座席の配置によって、商談の勝敗が決してしまうことを、あなたは信じますか?

もちろん前提として商談当事者の力関係は当然考慮すべきでしょう。しかしながら、それ以外の部分で勝敗の大きな鍵を握るのが商談時の席の配置である――これが中国の古代で発祥し、今もビジネス界で華僑に継承されている風水なのです。

風水では、座席の配置によって、いつもより落ち着いて話すことができたり、自分のペースで意見を通すことができたり、有利な契約に持ち込めることができると考えます。
 逆を言えば座る位置を間違うと相手側のペースにはまってしまい、相手の言いなりになってしまう、意見が通らず交渉が難航する、不利な契約になるということです。
 これは座席の配置が、自分にとって有利にも不利にも作用するということなのです。

次ページ古代中国の風水の知恵を利用する企業経営者たち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。