第1回 絶対に成功する商談時の座り方

古代中国の風水の知恵を利用する企業経営者たち

本来の風水がメジャーになる前に、日本では「金運アップ!」「恋愛運アップ!」といったエンターテイメント系の風水、つまりテレビや雑誌などのメディアにウケる風水が発展してしまいました。
 そのため、数千年の歴史と研究がなされているにも関わらず、日本ではまだまだ世間の風水に対する誤解が大きく、風水を迷信や遊びと捉える風潮があります。
 ですから、風水に信を置く方の多くは、秘かに風水コンサルタントを雇って、こっそりと会社や住まいの改善をされている方が多いのが現状です。

企業経営に風水は密接にかかわっているケースは数多くあります。
 例えば香港上海銀行(HSBC)、世界に広がるシャングリラホテルグループなどは、風水を取り入れた設計として有名です。
 私たち日本人にとっても身近なスターバックスにも、風水を取り入れた店舗が多数存在しているようです。

このように、現実に風水を利用して事業展開をしている企業があることからも、風水は現代でも私たちのライフスタイルやビジネスシーンに活用できるノウハウであることが明らかなのです。

次ページ風水の基本原則「背壁面門」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT